スポーツ

    1: 2018/11/05(月) 11:59:06.17 ID:CAP_USER9
     日本代表の森保一監督(50)が4日のJ2横浜FC―大分戦を視察し、ともに“ドーハの悲劇”を経験したカズこと元日本代表FW三浦知良(51=横浜FC)と約7年ぶりに再会した。

     2011年8月の「日伊レジェンドマッチ」以来の対面に「『カズさんのことも見ています』と話した。東京五輪はオーバーエージ枠もある」と招集の可能性を示唆。後半アディショナルタイムに途中出場したカズは「アピールしたい」とヤル気満々で、日の丸への意欲は衰え知らずだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000009-tospoweb-socc

    【【オリンピック】キングカズ(51)がOA枠で東京五輪出場へ意欲 森保監督(50)は招集の可能性を示唆 】の続きを読む

    1: 2018/11/03(土) 21:47:32.59 ID:CAP_USER9
    2018年11月3日 (土)18:30 開始
    マツダスタジアム
    日本シリーズ第6戦

    広島 0-2 ソフトバンク


    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/results/main.html?sj_PageID=GA2098287_00_0ball

    【【プロ野球】《広島カープ VS ソフトバンクホークス》0-2でソフトバンクが日本一!! (2年連続9度目) 】の続きを読む

    1: 2018/10/26(金) 22:34:50.51 ID:CAP_USER9
    巨人中井大介内野手が26日、都内で戦力外通告を受けた。

    今季は70試合に出場。内外野を守れるユーティリティープレーヤーとして、CSファーストステージ、ファイナルステージとベンチ入りした。宇治山田商から07年の高校生ドラフト3位で入団し、17年には球団通算1万号本塁打を放っていた。

    都内で取材に応じ「仕方ないです。こうなってしまったのは、自分の責任。突然だったし、今後については少し考えたい」と話した。

    10/26(金) 18:31配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00373692-nksports-base
    画像 巨人中井(17年9月26日撮影)
    no title

    【【悲報】巨人・中井大介選手「仕方ないです。こうなってしまったのは、自分の責任」突然の戦力外通告】の続きを読む

    1: 2018/10/23(火) 00:15:19.06 ID:CAP_USER9
    「街中や、練習場で声を掛ける時は…」 浦和DF槙野が持論ツイートで反響

    日本代表DF槙野智章(浦和レッズ)が22日に自身の公式ツイッターを更新し、街中やトレーニング場で選手に声を掛ける際のポイントを記してファンに呼び掛けている。

     今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した槙野は、森保一監督率いる日本代表に招集されると、新体制初陣となった9月11日のコスタリカ戦(3-0)、今月12日のパナマ戦(3-0)と2試合連続フル出場を果たした。

     ロシアW杯後も代表戦士として存在感を放つ男が自身の公式ツイッターを更新し、「スポーツ選手に対して街中や、練習場で声を掛ける時は選手の事を、呼び捨てじゃなくて『○○選手』と付けた方がいいね」と提案。“選手”という一言を添えた方がいいと綴った。

     その理由について、「そうすると選手自身も気持ちよく手を振ったりファン対応出来るから」と槙野は記しており、選手側の気持ちを代弁する形で思いを伝えている。代表とクラブのムードメーカーらしく、最後はフランクに「みんな、気を付けてな!」と呼び掛けた。

     返信欄には様々なコメントが並び、多くの人がリツイートするなど、日本代表DFのツイートが大きな反響を呼んでいる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181022-00143111-soccermzw-socc

    【【賛否】日本代表DF槙野 「(呼び捨てではなく)“選手”と付けた方がいい」「みんな、気を付けてな!」ファンに要望】の続きを読む

    1: 2018/10/24(水) 17:20:48.27 ID:CAP_USER9
    日本人初世界3階級制覇の元プロボクサー亀田興毅がラジオ番組に出演し、現役時代のエピソードや怪物・井上尚弥について、そしてボクシング界への率直な思いを語った。

    亀田興毅が言及!「ボクシング界はファイトマネーが安すぎる!」
    高嶋ひでたけ、里崎智也、亀田興毅
    現役時代、「ビッグマウス」と言われていたが、実は人見知りで全て名を上げるための戦略だったという亀田。
    父親の史郎氏は「強いのは当たり前だが、プロで稼ぐ為には知名度が大事。」と、考えたそうだ。
    「世界チャンピオンの選手でもアルバイトをして生計を立てている選手もいるんですよ」と語る。

    そこで、「ヒール(悪役)の方が名前が知れ渡るのが早い。」ということで、亀田がデビューするという時、
    父・史郎氏に「お前はビッグマウスで行け!」と言われ、人見知りだった亀田は訳のわからない状態だったという。

    パーソナリティの高嶋ひでたけは「僕の好きな言葉は、スシソバ選手に“焼きそばにしたる!”っていうのが…スゴイね(笑)」と明かすと、
    亀田は「もうね。こんなアホなことばっかり言ってたんですよ。恥ずかしいですわ…。」と苦笑し、笑いを誘った。

    また、亀田は現在のボクシング界に「ファイトマネーが安すぎる!」と苦言を呈した。
    「世界チャンピオンなら1試合1億は稼げるような業界にしたい。年間3試合ぐらいしかできないんですよ?選手生命も短いし…。
    もっとボクシングに夢が持てるような業界にしていきたいんですよね。」と今後の展望を語り、
    WBSSバンタム級1回戦を突破したWBA王者・井上尚弥選手の名を挙げ、「彼のようなすごい選手はもっともっと貰わなアカン。」と言及し、この話題を締めくくった。
    (10月20日放送 ニッポン放送「高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク」より)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00010001-nshaberu-spo
    10/24(水) 12:11配信

    【【ボクシング業界に言及】亀田興毅「ボクシング界はファイトマネーが安すぎる!」】の続きを読む

    このページのトップヘ