スポーツ

    1: 2019/11/12(火) 19:58:26.18 ID:vgVlCm5U9
    https://www.sanspo.com/soccer/news/20191112/jpn19111219250006-n1.html

     田口 光久氏(たぐち・みつひさ=サッカー元日本代表GK)12日午前3時2分、呼吸不全のため東京都内の病院で死去、64歳。秋田市出身。葬儀・告別式は18日午後1時から東京都新宿区上落合3の4の12、最勝寺会館で。喪主は長男直樹(なおき)氏。

     ゴールキーパーで秋田商高から三菱重工(現J1浦和)入りし、日本代表では国際Aマッチ59試合に出場。引退後はテレビのバラエティー番組などでも活躍した。

    【【訃報】田口光久氏死去、64歳 サッカー元日本代表GK 】の続きを読む

    1: 2019/11/07(木) 22:33:30.04 ID:3/yqhq+K9
    「大相撲九州場所」(10日初日、福岡国際センター)

     小結阿炎と十両若元春がSNSに不謹慎な動画を投稿し問題となっており、日本相撲協会は7日、両関取に反省文を提出させ、注意を与えることを決めた。協会の危機管理部長の鏡山親方(元関脇多賀竜)が明かした。

     動画は若元春をガムテープで口や手足を縛ったもの。暴力根絶に尽力する角界で責任ある関取の行動としては軽率感は否めず、SNS上でも批判の声が殺到していた。

     この日、時津風一門会が福岡市内で行われ、鏡山部長を始め、師匠の荒汐親方(元小結大豊)も出席。鏡山部長は「荒汐親方も謝罪していた。(力士は)相撲で喜んでもらう。SNSで喜ぶのは限定的。看板(力士)なんだからしっかりしてもらわないと。いい薬になったんじゃないか」と話した。

     両者は九州場所に通常通り出場する。


    11/7(木) 21:16配信デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000124-dal-spo
    阿炎
    no title

    【【画像】”大相撲”小結・阿炎がSNSに不謹慎動画投稿で反省文 若元春の口や手足をガムテープで縛る 】の続きを読む

    soccer_ball
    1: 2019/11/04(月) 20:43:51.65 ID:yoLe/O3b9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-11040615-nksports-socc

    10月31日からオランダ1部フィテッセの練習に参加しているMF本田圭佑(33)は4日、自身のツイッターで
     プロサッカー選手を目指している選手をサポートする「本田圭佑のオンライン成長革命」を発表した。

     過去にもプロを目指す選手を募集していた企画の第3弾となる。

     スタッフから「サッカーで成功する方法を日本語で教わるなら、ACミランの10番を背負った男以上に説得力のある人いないです」と説得を受けたことを明かし
    「才能のなかった僕がACミランまで行けたのは何故か?プロサッカー選手を目指していて、こんな僕からサポートが欲しい人はいますか?」と呼びかけた。

    【【オンライン成長革命】本田圭佑がオンラインでプロ目指す選手をアシスト 】の続きを読む

    1: 2019/11/01(金) 20:38:51.54 ID:bBMyN6kt9
    勝ち負けを超える、本当にプロレスが楽しい。獣神サンダー・ライガー″最後の自己紹介″前編

    令和になってはじめての正月、1月4・5日。
    その日、ひとりのレジェンドが現役生活に幕を下ろす。平成の始まりとともに東京ドームでデビューを飾り、そして新時代の訪れと時を同じくして東京ドームを最後にリングから降りる--。
    その名も、獣神サンダー・ライガー。リングの内外でプロレス愛を炸裂させ続けてきたひとりのレジェンド覆面レスラーは、テンカウントゴングを数ヶ月後に控えるいま、何を思うのか。
    ライブドアニュース編集部が獣神サンダー・ライガーにインタビューをした。

    ライガーさんは覆面レスラーじゃないですか。だから表情とかはわからない。でもすごく喜怒哀楽、感情が伝わってきます。それはかなり珍しいというかすごいなと思っていまして。
    そもそもなぜライガーさんは覆面をかぶることを決意したのですか。

    獣神サンダー・ライガー(以下ライガー) もともとは素顔で試合をしていたんですけどね、そうすると雑誌とかに自分の顔が載るじゃないですか。それがすごく嫌でね。
    周りの皆さんからは表情が出ているからいいんだよと言われる。
    でも、僕は嫌だったんですよ。
    自分の顔にコンプレックスがあって。僕の若いころだから、高田延彦さんとか前田日明さんとか、そんな人たちの中で俺はこんな顔で嫌だなあって(笑)。
    だから、覆面の話が来た時はぜひやらせてください、と。
    プロレスだけですからね、覆面で試合ができるのは。

    ― でも、覆面なのに感情がビンビン伝わってきますよね…。

    ライガー そうですかね(笑)。別に意識しているわけじゃないんですけどね。
    ただひとつ言えるのは…、僕はプロレスが大好きだってこと。本当にプロレスを楽しんでいるだけなんです。
    もちろん辛いこともありますよ。練習だって辛いし、試合に負けたら悔しいし。
    だけど、そういうことも含めてとにかく楽しい。本当にプロレスが楽しいんですよ。

    ― その楽しんでいる気持ちが、見ている方にも伝わってくるということでしょうか。
    ではライガーさんにとっての「プロレスの楽しさ」というのは?

    ライガー すべてがダイレクトじゃないですか。つまらない試合をしたらブーイングをもらって、いい試合をしたら拍手をもらって。
    ましてや勝って褒めてもらったら嬉しいし、負けたって「いい試合だった、次頑張れよ」と。
    お客さん、全然知らない人ですよ? そんな人たちがオレたちを見て喜んだり怒ったり感動したりしてくれるという。そりゃ楽しいに決まっているって(笑)。

    ― 自分の知らない人から声援をもらうってたまらないですね。

    ライガー だからね、最近「差し入れでこういうものは困る」みたいなことを言っている人がいるじゃないですか。あれは信じられないね。
    だってね、買ってくれる人は働いてお金を稼いで自分で店に行って選んでわざわざ会場まで持ってきてくれるんですよ。
    それに対して、「これは困る」とか言えるわけがない。ただただありがたい。
    まあそういうことでね、たとえ負けたってやるだけやって、お客さんにも「次頑張れよ!」って言ってもらって。いや?楽しいですねえ(笑)。

    ― ただの勝ち負けではない、お客さんと一緒になって感動を作っていくところというか…。

    ライガー そうそう。お客さんにどれだけ満足して帰ってもらえるか。今日の試合はすごかったなあと思って帰ってもらえるか。オレたちはそこに全てを注いでいるんで。
    ちょっと前は地方に行くとお客さんが500人とかそういうこともいっぱいあったんです。そういうときに、うちの真壁(刀義)が
    「次にここに来た時は倍のお客さんを入れましょう。そういう試合をやりましょう」と言うんです。
    お客さんが少ないからといって気の抜けた試合をしたら絶対ダメ。そんなときこそ最高の試合をする。そうすると、次に来ると500人が800人、1000人になるんです。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17312473/
    2019年11月1日 11時30分 livedoorスポーツ

    no title

    no title

    no title

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=7Jd2VtgcR6I


    獣心サンダーライガー 入場曲

    【【プロレス】獣神サンダーライガーが覆面をかぶっている理由とは】の続きを読む

    1: 2019/10/29(火) 16:58:33.48 ID:mmT6HZg09
     全日本テコンドー協会と選手が対立している問題で、金原昇会長が検証委員会の聞き取りに対して「こんなに批判される理由が分からない」と主張したことが分かりました。

     全日本テコンドー協会を巡っては28日の臨時理事会で協会のすべての理事が来月末ごろに辞職することが決まりました。
    また、新しい理事を選び直すための検証委員会が発足し、28日に金原会長など協会幹部から話を聞いています。
    その聞き取りに対し、金原会長が「私は一生懸命にやってきた。何でこんなに批判をされるのでしょうか。理由が分かりません」と協会運営は適正だったと主張したことが協会関係者への取材で分かりました。
    金原会長は検証委員会の提案する新しい理事に選ばれなければ、協会を退く考えを示しています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191029-00000027-ann-soci

    no title

    【【批判の的】テコンドー金原昇会長「私は一生懸命にやってきた。何でこんなに批判をされるのか。理由が分かりません」 】の続きを読む

    このページのトップヘ