天気

    1: 2019/01/13(日) 14:55:56.89 ID:zLoQCHEp9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190113/k10011776491000.html

    13日朝の北海道は、晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象の影響などで、内陸部を中心に厳しい冷え込みとなり、
    旭川市郊外の江丹別ではこの冬、全国で最も低い氷点下29度5分を観測しました。

    札幌管区気象台によりますと、北海道の上空には寒気が流れ込んでいるうえ、内陸部では晴れて
    地表の熱が奪われる放射冷却現象の影響で、13日朝は厳しい冷え込みとなりました。

    旭川市郊外の江丹別では、午前7時40分に氷点下29度5分を観測し、この冬、全国で最も低い気温となりました。

    また、各地の13日の最低気温は、
    ▽幌加内町で氷点下28度2分、
    ▽美瑛町で氷点下25度8分、
    ▽占冠村で氷点下25度4分などと、
    道内にある173観測地点のうち53地点で、この冬の最低気温を更新しました。

    気象台によりますと、道内は日中も冷え込みが続く見通しで、予想最高気温も多くの地点で氷点下となっています。

    冷え込みは14日も厳しくなる見通しで、気象台は水道の凍結や交通への影響、体調の管理に注意するよう呼びかけています。


    ダイヤモンドダスト現象も

    北海道美瑛町では、13日朝の最低気温がこの冬いちばんの氷点下25度8分まで冷え込み、空気中の水分が冷えて
    氷の結晶となって輝く、ダイヤモンドダストと呼ばれる現象が見られました。

    美瑛町の山あいの地区では、厳しい冷え込みになると現れるさまざまな自然現象を撮影しようと、早朝から大勢のカメラマンが訪れ、
    白い息を吐きながらファインダーをのぞき込んでいました。

    山林を背景に、太陽の光を受けてダイヤモンドダストが見えると盛んにシャッターを切っていました。

    町内ではほかにも、木の枝を覆うようについた霧氷や川の水面が凍るなどの現象も多く見られました。

    旭川市から来た40代女性は「すごく寒く感じます。たくさん重ね着しましたが手が冷えすぎてじんじんします」と話していました。

    【【極寒】旭川郊外で-29.5度! 北海道の各地で厳しい冷え込み 】の続きを読む

    1: 2018/10/24(水) 21:08:36.72 ID:CAP_USER9
    10月24日(水)18時現在、猛烈な勢力の台風26号(イートゥー)は、グアムの東を西北西に進んでいます。
    今日一日で急速に発達しており、中心付近の最大風速は60m/sとなって、今年最も強い台風となりました。
    衛星画像でも、小さく引き締まった「台風の目」の存在を確認でき、非常に発達した状態であることがわかります。

    ひまわり8号 衛星画像
    no title


    ▼台風26号 10月24日(水)15時
     存在地域   マリアナ諸島
     大きさ階級  //
     強さ階級   猛烈な
     移動     西北西 20 km/h
     中心気圧   905 hPa
     最大風速   60 m/s (中心付近)
     最大瞬間風速 85 m/s

    台風は猛烈な勢力で北マリアナ諸島に接近しており、今夜にもサイパンやグアムへ最接近となる見込みです。

    海面水温 10月23日
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181024-00006047-weather-002-2-view.jpg

    ■ 高い海水温で猛発達

    海面水温分布をみると、日本列島周辺では夏場と比べて水温は低下しているものの、台風存在するマリアナ諸島周辺海域では夏場と同じかそれ以上の高い水温となっています。
    台風はこの海水温の高い地域でエネルギーを得ることで、急速に発達しています。

    今年これまでに最も発達した台風は22号で、最盛期の中心気圧は905hPa、最大風速は55m/sでした。
    最大風速が60m/s以上となるのは、2016年の台風22号以来で約2年ぶりです。

    複数のシミュレーションモデルの予想
    no title


    ■ 来週の進路はまだ不明確

    台風26号は、今週末にかけてしばらく西進を続ける見込みです。
    複数のシミュレーションモデルを比較すると、週明けにかけてフィリピンの東へと西進を続ける予想をするものが多くなっています。

    その後は、そのままフィリピン方面に西進を続けるか、進行方向を変えて北東へ進むようになるかで分かれています。
    ウェザーニュースでは、引き続き状況の監視を行い、新しい情報が入り次第お伝えします。

    ■ 台風の名前

    台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
    台風26号のイートゥー(Yutu / 玉兎)は、中国が提案した名称で、民話に登場する月のうさぎのことです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00006047-weather-soci

    ■ 予想進路
    気象庁
    no title

    米軍
    no title

    【【今年最強の台風!?】猛烈な台風26号 急発達し905hPa、最大風速60m/sに】の続きを読む

    1: 2018/09/08(土) 21:24:30.17 ID:CAP_USER9
    8日(土)15時現在、台風22号(マンクット)はマーシャル諸島を西に進んでいます。

    ▼台風22号 8日(土) 15時現在
     存在地域   マーシャル諸島
     大きさ階級  //
     強さ階級   //
     移動     西北西 30 km/h
     中心気圧   996 hPa
     最大風速   20 m/s (中心付近)
     最大瞬間風速 30 m/s


    海水温の高い地域を進み 来週火曜には「非常に強い」に発達へ
    発生位置は今週日本に襲来した台風21号と近く、しばらくは21号と同様に海面水温が28℃以上の温かい海を進むことでエネルギーを得て発達する見込みです。

    来週にかけて発達を続け、11日(火)頃にはグアムの西へ進んで、最大風速が45m/sと「非常に強い」勢力になる予想です。

    21号が上陸した頃と比べると太平洋高気圧が南下し、秋雨前線が日本付近で停滞しています。発生位置が近くても、この先も似た進路をとるとは限りません。

    13日(木)頃にはフィリピンの東にある予想ですが、この先どのような進路をとるか現段階でははっきりしません。今後の情報に注意してください。

    台風の名前
    マンクットは、タイが提案した名称で、マンゴスチンのことです。
    台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。


    9/8(土) 16:44配信 ウェザーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00005364-weather-soci
    no title

    no title

    【【予想経路】台風22号(マンクット) 来週火曜にも「非常に強い」勢力に】の続きを読む

    1: 2018/09/08(土) 01:33:55.32 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180908/k10011618011000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    兵庫 芦屋 9000人余に避難勧告
    2018年9月8日 1時25分

    兵庫県芦屋市は大雨で土砂災害の危険性が高まっているとして、午前1時10分に、市内の土砂災害警戒区域に住む3730世帯、9043人に避難勧告を出しました。

    【【大雨】兵庫 芦屋 9000人余に避難勧告 8日午前1時10分 】の続きを読む

    1: 2018/09/03(月) 06:50:44.62 ID:CAP_USER9
    台風21号、25年ぶりの上陸記録か?そのわけは?

    no title


    ■火曜日の昼過ぎ~夕方にかけて上陸か

    台風21号の予報円(ウェザーマップ)
    no title


    台風21号は再び中心付近に眼が見えており、非常に強い勢力を維持しながら日本の南を北上しています。

    きょう午後6時現在の勢力は、中心気圧が935hPaで、最大風速50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなっています。

    台風は今後もほぼ今と同じような勢力を維持しながら、月曜日に沖縄本島や奄美地方の東の海上をやや離れて北上し、火曜日には西日本の南の海上に接近してくる見込みです。

    最新の予報円では火曜日の午後3時には高知県や徳島県のすぐ南の海上まで達しており、昼過ぎ~夕方頃のタイミングで、四国ないし紀伊半島に上陸する恐れが高いものとみられます。もし仮に四国と紀伊半島の間(紀伊水道)に入った場合は、夜にかけて近畿地方に上陸する可能性もありそうです。

    その後は夜遅くにかけて北陸周辺を通過した後、日本海を一気に駆け抜け、水曜日の朝に北海道の西を通過し、水曜日の午後には北海道の北で温帯低気圧に変わる予想です。

    予想通りの進路ならば、危険度が最も高いのは台風中心のすぐ東側に入る紀伊半島だと思われますが、上陸地点や速度で危険地域はまだまだ変わる可能性があり、最新の情報に十分ご注意下さい。

    25年ぶりの上陸記録か?そのわけは?

    今回の台風21号は上陸寸前の火曜日午後3時の時点で、中心気圧945hPa、最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートルが予想されています。

    台風の上陸記録としては、上陸した時点での中心気圧や最大風速などが挙げられますが、もし今回945hPa~950hPa程度で上陸するとした場合、その上陸例を上げるとそれほど珍しくはありません。(参考940hPa以下の上陸台風)

    近年の950hPa以下の上陸台風(中心気圧、最大風速)

    2017年台風21号静岡県(950hPa、40メートル)

    2011年台風15号静岡県(950hPa、40メートル)

    2007年台風4号鹿児島県(945hPa、40メートル)

    2006年台風13号長崎県(950hPa、40メートル)

    2004年台風22号静岡県(950hPa、40メートル)

    2004年台風18号長崎県(945hPa、40メートル)

    2004年台風16号鹿児島県(950hPa、40メートル)

    2003年台風10号高知県(950hPa、40メートル)

    1998年台風18号熊本県(950hPa、40メートル)

    1994年台風26号和歌山県(950hPa、40メートル)

    1993年台風13号鹿児島県(930hPa、50メートル)

    ここで注目するのはその最大風速です。

    1994年の台風26号までいずれも最大風速は40メートルとなっており、台風の強さの区分では最大風速33メートル以上44メートル未満の強い台風ということになります。

    非常に強い台風と定義される44メートル以上の記録となると1993年台風13号の50メートルまでさかのぼることになり、もし今回の台風が最大風速45メートルを維持したまま上陸すれば、この台風以来25年ぶりの上陸記録となるのです。

    一般に台風はその中心気圧が低ければ低いほど中心付近の最大風速も強くなりますが、実は台風それぞれの構造により若干変わるため、完全に中心気圧=最大風速というわけではありません。

    例えば、2011年台風6号徳島県(960hPa、40メートル)、1976年台風17号長崎県(955hPa、35メートル)というように、中心気圧が低いのに最大風速が弱いという逆転現象も起こります。

    ただ重要なことは最大風速40メートル(強い台風)と45メートル(非常に強い台風)ではその危険度の大きさにあまり差はなく、もし仮に非常に強い台風から強い台風に変わったとしても厳重な警戒(最大級の警戒)を要することになんら変わりはないということです。

    9/2(日) 20:40
    https://news.yahoo.co.jp/byline/sugieyuji/20180902-00095459/

    【【経路予想】台風21号(チェービー)、4日午後午後上陸か 最大瞬間風速60メートル予想 44メートル以上なら25年ぶりの上陸記録 】の続きを読む

    このページのトップヘ