ファッション

    1: ばーど ★ 2018/08/04(土) 11:35:08.61 ID:CAP_USER9
    no title


    しまむら、業績悪化が深刻化…「しまパト」の楽しみを奪った代償、「プチプラ」の台頭もアダに

    しまむらに危険な兆候が見え始めている。2018年3―5月期決算では本業の儲けを示す営業利益が前年同期比31.7%減の71億円となり、前期の大幅な減益に続いて業績悪化に歯止めがかからない。デフレの優等生として、*ユニクロ*
    に次ぐカジュアル衣料専門店として成長してきたしまむら。だが、もはやライバルはユニクロではない。しまむらを脅かす新興勢力がジワジワとファッション市場で存在感を示しているからだ。
    迫る新興勢力、プチプラには勝てない?

    しまむらの今年6月の既存店売上高も前年同月比11.7%減となった。雨や低気温の日が多くカジュアル衣料は全体的に低迷したが、ユニクロは同4%減だったし、「マックハウス」や「アダストリア」などは同5~6%の落ち込みですんでおり、しまむらの2ケタの落ち込みは業界でも突出している。

    しまむらの低迷は、実は「プチプラ」の増加が大きい。プチプラといっても新たな低価格カジュアル衣料専門店ではない。プチプライス(小さい価格)の略で、低価格でファッション衣料を販売するEC(電子商取引)サイトのことだ。

    プチプラのサイトは現在、雨後の筍のように存在しており、まさにしまむらと競合するようなファッション、価格帯で販売されているわけだ。プチプラの代表例が2015年にRIZAP(ライザップ)グループの傘下に入った「夢展望」だ。

    ■復活し始めた夢展望

    夢展望は店舗をショールームストアとしてEC事業を中心に展開。いわゆるスマートフォンで商品を選んで店舗で確認して買うウェブルーミングや、店舗で商品を見たあとでウェブで商品を買うショールーミングというスマートフォンやECと店舗を融合したビジネスモデルを展開している。

    これまで上場廃止に係る猶予期間入り銘柄だったが、RIZAPグループに入って以降、債務超過を解消、今後の復活が期待できるまでになっている。プチプラが存在感を増すことによって、しまむらの存在意義が脅かされている。
    遅きに失したしまむらのEC事業

    そのしまむらのEC事業といえば、最近になってようやく「ZOZOTOWN」に出店することを表明したが、遅きに失した感は否めない。

    しかし、そのしまむらのEC事業について業界では「ゾゾに出ても意味はない」という指摘も相次いでいる。しまむらはアパレル卸から商品を仕入れて販売する仕入れ型のビジネスモデル。ユニクロのような自らが製造して販売するSPAではない。

    だからこそ、*しまむら*の品ぞろえは豊富で、*ユニクロ*
    にない選択ができることが支持されてきた。しまむらで安い服を買い、季節ごとに頻繁にコーディネートを変える“しまらー”という熱烈なファンを生み出してきた。しまパトという定期的に店舗を偵察する消費者も存在、しまパトが拡散する情報もしまむらを密かに支えてきた。

    ■商品絞り込みが低迷の始まり

    しかし、“しまらー”の楽しみを奪うがごとく、16年以降、商品点数の絞り込みを開始、多様な品ぞろえがなくなったという声も少なくない。それが既存店売上高の低迷、さらには業績の低迷につながっている。

    しまむらがゾゾに続いて今後出店を計画しているとされる楽天市場やアマゾンでも、同じようなファッション衣料はプチプラのECサイトという先行組が待ち構えている。そんななかに入り込んでも、しまむらの特徴は生かせず埋没しかねないのだ。

    それがわかっていたので前経営陣はEC事業を躊躇してきたのかもしれない。しまむらという知名度だけで売れるほど、ネット通販の世界は甘くない。しまむらの低迷は一時的なものなのか、それとも今後さらに深刻化していくのか。注目される。(文=編集部)

    2018.08.01
    Business Journal
    http://biz-journal.jp/2018/08/post_24263.html

    【【悲報】ファッションセンターしまむら、業績悪化が深刻化…】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/06/06(水) 02:44:03.00 ID:CAP_USER9
    http://sp.yomiuri.co.jp/economy/20180606-OYT1T50024.html

    デザイナーのケイト・スペードさん死去…自殺か
    2018年6月6日 01時51分

     AP通信は5日昼(日本時間6日未明)、米ファッションデザイナーのケイト・スペードさん(55)がニューヨーク・マンハッタンの自宅で死亡しているのが見つかったと報じた。

    警察は自殺の可能性があるとみて調べている。

     ケイトさんは、ファッションブランド「ケイト・スペード」を創設。ハンドバッグなどを中心とする有名ブランドに育て上げたことで知られる。

    【【訃報】ケイト・スペードさん(55)が死去…自殺の可能性 】の続きを読む

    1: みそラーメン ★ 2018/05/14(月) 02:15:03.06 ID:CAP_USER9
    フランス革命を舞台にした伝説的少女マンガ「ベルサイユのばら」(通称・ベルばら)が、ユニクロのTシャツブランドUTに登場する。
    5月14日から、ユニクロ店舗やオンラインサイトで発売される。
    麗しの主人公オスカル様になれる軍服コスチューム風デザインや、作者である池田理代子先生の原画柄など、ラインナップは全12種類ある。

    テーマは「オスカルの生涯」。
    マリー・アントワネットと過ごした穏やかな日々から、フランス国旗をかがけて戦いに向かう勇ましい姿など、すべての柄をそろえるとオスカル様の生涯をストーリーとともに辿っていける展開になっている。

    ■「宝塚」最大のヒット

    ベルばらといえば、ミュージカルでもファンが多いことで有名。
    1974年の初演以来、宝塚歌劇団史上最大のヒット作だ。

    今回、コラボTシャツの販売を記念して、宝塚歌劇団近くの兵庫・ユニクロ 宝塚劇場駅前店と大阪・阪急梅田のユニクロ OSAKA店では、写真撮影用にベルばらのオリジナルフォトウォールを設置。
    壁に描かれたオスカル様とともにツーショットを撮れる。

    no title

    https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/10/uniqloversailles_a_23431392/?utm_hp_ref=jp-homepage

    【【画像多数】ユニクロ「ベルばら」Tシャツが爆誕 】の続きを読む

    1: ティータイム ★ 2018/03/20(火) 19:49:47.47 ID:CAP_USER9
    日テレNEWS24 2018年3月20日 19:13

    アパレル業界でも人材不足が深刻化する中、女性ブランドを扱う「サマンサタバサ」が初の試み。

    東京・表参道の店舗に登場したのは、サマンサタバサがこの春、社員として採用するアンドロイド。まずは研修生として店舗での接客にあたるとしている。

    このアンドロイドはロボットメーカーによって開発・設計され、髪の毛をプロのヘアメークにセットしてもらうなど、より女性店員に近い見た目となっている。
    将来的には人工知能(=AI)を搭載することで自ら客に語りかけ、商品の提案などもできるよう開発をすすめ、人手不足解消にもつなげたい考え。

    http://www.news24.jp/articles/2018/03/20/06388493.html

    【【斬新】「サマンサタバサ」アンドロイドを新入社員として採用 】の続きを読む

    このページのトップヘ