ゲーム

    1: ニライカナイφ ★ 2018/06/23(土) 19:41:28.20 ID:CAP_USER9
    ◆「ゲームバー」全国初摘発・・・友だちを家に呼んで「テレビゲーム」しても違法?

    家庭用ゲーム機を置いた飲食店「ゲームバー」で、販売元の許可を得ず、客にゲームさせたとして、京都市内の2店舗の経営者ら3人がこのほど、著作権法違反(上映権侵害)の疑いで京都府警に逮捕された。
    府警によると、京都市中京区の店舗の経営者ら2人は6月13日、カプコン(大阪)などゲーム会社の許可を得ずに、家庭用ゲーム機のソフトを客に貸し出して、店内のゲーム機とテレビモニターを接続して、遊ばせていた疑いで逮捕された。

    また、6月12日には、京都市下京区の店舗の経営者が、任天堂(京都)などの許可を得ずに、家庭用ゲーム機のソフトを客に貸し出して、遊ばせていた疑いで逮捕されていた。
    ゲームバーの摘発は全国初ということだ。

    今回のようなゲームバーは、どうして著作権違反にあたるのだろうか。
    たとえば、子どものころ、友だちを家に呼んで、テレビゲームで遊んだ人も少なくない。

    それとどう違うのだろうか。
    著作権にくわしい桑野雄一郎弁護士に聞いた。

    ●ゲーム映像も著作物にあたる

    「今回ゲームバーが摘発されたのは、上映権(無断で公衆に上映されない権利)侵害が理由です。
    『上映』とは、著作物をスクリーンなどに映写することをいいます。
    そもそも、ゲーム映像は著作物であり、ゲーム機器あるいは、それと接続したテレビモニターの画面に映し出すことも『上映』にあたります。
    ですから、著作権者の許可を得なければ、上映権侵害となるわけです」

    家に友だちを呼んで、テレビゲームで遊ぶことと、どう違うのだろうか。

    「上映権の侵害になるのは『公に』がポイントです。『公衆』に見せる目的で上映する場合に限られます。
    著作権法で『公衆』とは、不特定または多数の人をいいます。
    つまり、『特定かつ少数』の人に見せるために上映をしても、上映権侵害にはなりません。
    ですから、家に友だちを呼んで遊ばせる場合は、友だちという『特定かつ少数』の人に見せているだけですから、『公に』にあたらず、上映権侵害になりません」

    では、ゲームバーの「客」は「友だち」と違うということだろうか?

    「ゲームバーの場合、客という『不特定』の人に見せているわけなので、たとえプレーをしているのが少数だとしても『公衆』にあたり、上映権侵害となるわけです。
    同じように、たとえば、数十人?数百人の同級生全員に見せるとなると、『特定』されていても『多数』になります。
    『公衆』にあたり、上映権侵害となります。
    実は、何人までが『少数』なのかは、法律上、明確ではないのですが、同級生全員となると、明らかに『多数』にあたるでしょう」

    ●ゲーム実況動画の注意点

    ネット上では、ゲームをプレイする画面をうつした「ゲーム実況動画」も人気となっているが、こちらは上映権侵害にあたらないのだろうか。

    「ゲーム実況動画は、不特定または多数の人に見せる目的で投稿されています。
    しかし、動画サイトなどに配信されている著作物は、上映権の対象外とされています。
    上映権侵害にはなりませんが、ゲーム会社に無断で投稿すると、『複製権』や『公衆送信権』や『伝達権』といった別の著作権の侵害となります。
    もっとも、現在のところ、ゲームの宣伝になるなどの理由で、ゲーム会社が、条件付きで許可を与えたり、黙認したりしていることが多いようです。
    ただし、有料配信したりすると、ゲーム会社も黙認しないでしょう」

    ■写真
    no title

    no title


    弁護士ドットコム 2018年06月23日 08時28分
    https://www.bengo4.com/internet/n_8087/

    【【議論】「ゲームバー」全国初摘発…ゲームにおける著作権とは】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/28(月) 21:19:47.87 ID:CAP_USER9
    『Sa・Ga』三部作の映像付きサントラが8月8日発売、音楽と映像で思い出がよみがえる
    2018-05-28 17:50:00 ファミ通.com
    https://www.famitsu.com/news/201805/28158013.html

    https://www.famitsu.com/images/000/158/013/5b0bc0799da15.jpg

    no title


    no title


    スクウェア・エニックスは、『魔界塔士Sa・Ga』、『Sa・Ga2 秘宝伝説』、『時空の覇者Sa・Ga3』の全楽曲と映像を収録したBlu-ray Discを2018年8月8日に発売する。

    商品名は“SaGa 1,2,3 Original Soundtrack Revival Disc”。価格は5000円[税別]。

    ◆「魔界塔士Sa・Ga」、「Sa・Ga2 秘宝伝説」、「時空の覇者Sa・Ga3 [完結編]」全曲を収録した映像付きサウンドトラック、『SaGa 1,2,3 Original SoundtrackRevival Disc』2018年8月8日発売決定!

    株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田洋祐、以下スクウェア・エニックス)は、「魔界塔士Sa・Ga」、「Sa・Ga2 秘宝伝説」、「時空の覇者Sa・Ga3 [完結編]」の全楽曲を収録した映像付きサウンドトラック『SaGa 1,2,3 Original Soundtrack Revival Disc』を2018年8月8日に発売することを決定いたしました。

    ≪音楽と映像で思い起こす、『SaGa』の始まり…≫
    1989年に発売されて以降、今もなお愛され続けているサガシリーズ。8月に最新作『サガスカーレットグレイス緋色の野望』の発売が決定し、ますます盛り上がりを見せる同シリーズより、原点ともいえる「魔界塔士Sa・Ga」、「Sa・Ga2 秘宝伝説」、「時空の覇者Sa・Ga3 [完結編]」3作品の音楽を全曲収録した映像付きサウンドトラックが登場!

    BGMはもちろん、当時のゲーム映像も収録し、音楽と映像を一緒に楽しめる商品となっております。プレイしたあの頃の想い出が鮮明によみがえります。

    ≪映像付サントラBlu-ray Disc Musicとは≫

    目と耳で楽しむ、新しい音楽リスニング方法!

    Blu-ray Discの可能性を最大限に引き出した音楽メディア「BDM」の起用によりフルスペックによる高画質と96khz/24bit高音質音源(ヴィジュアル&オーディオ)双方の収録を可能とし、劇的な変化を遂げる音楽シーンに新たなリスニング環境を提案いたします。

    ※一部タイトルの音源は96khz/24bitと異なります。

    mp3ファイルをディスク内に同梱。WALKMANやiTunesでの持ち出し視聴も対応!

    家庭用Blu-ray機器で再生する高音質視聴に加え、収録曲はmp3圧縮データを本体に収録。Blu-ray対応機器(PlayStation3R含む) やBlu-ray Disc対応PCから音楽を取り込み、ライフスタイルに合わせたリスニングも可能となります。

    商品概要

    ■商品名:SaGa 1,2,3 Original Soundtrack Revival Disc
    ■品番:SQEX-20054
    ■発売日:2018年8月8日(水)
    ■価格:5,000円+税
    ■収録曲:「魔界塔士Sa・Ga」、「Sa・Ga2 秘宝伝説」、「時空の覇者Sa・Ga3 [完結編]」ゲーム内実装楽曲
    ■音楽:植松伸夫/伊藤賢治/笹井隆司/藤岡千尋
    ■仕様:Blu-ray Disc1枚
    ■発売元:株式会社スクウェア・エニックス

    http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/saga123_revival/

    【【サントラ】『Sa・Ga』三部作の映像付きサントラが8月8日発売、音楽と映像で思い出がよみがえる イトケンや植松などが作曲 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/05/24(木) 18:24:49.20 ID:CAP_USER9
    NINTENDO64で再び遊べる日がくる!? ※画像はパブリックドメインのもの
    no title


     任天堂から『ミニ NINTENDO64』が発売されるかもしれません。4月26日に任天堂が「N64」の商標を出願し、5月22日に登録・公開されていることが分かりました。

    特許情報プラットフォーム「J-PlatPat」より。筆者キャプチャ
    no title


     「N64」とは、普通に考えると任天堂が1996年に発売した家庭用ゲーム機『NINTENDO64』のことです。

     任天堂は2017年7月に、欧州連合知的財産庁(EUIPO)に対して『NINTENDO64』のコントローラーの図形商標を出願・登録していることが分かっています。

    EUIPOに商標登録されたコントローラーの図形。筆者キャプチャ
    no title


     今回の「N64」の商標登録、『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』と『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』の発売などをあわせて考えると、『ミニ NINTENDO64』登場の可能性は高くなってきたのではないでしょうか。

     来月の6月13日には世界最大のコンピューターゲーム見本市「Electronic Entertainment Expo(E3)」が開催されるため、ここで『ミニ NINTENDO64』について発表があるのではないかと今から期待です。

    5/24(木) 11:05
    https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20180524-00085604/

    【【話題】任天堂が『ミニ NINTENDO64』の発売を計画中?「N64」を商標登録 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/05/14(月) 10:30:23.57 ID:CAP_USER9
    no title


     任天堂は、“週刊少年ジャンプ”の創刊50周年を記念して、1985年から1993年までに発売された『週刊少年ジャンプ』に関係するファミコンソフトを20本収録した特別仕様の“ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ”(以下、ミニファミコン)を、2018年7月7日に発売することを発表。

     同商品は、上述の通り“週刊少年ジャンプ”の創刊50周年を記念して特別モデルとなっており、2016年11月10日に発売されたミニファミコンとは、収録タイトルのほか、パッケージや本体カラーが異なっている。

    ■この手の中に超名作ゲームがついに復活!!

     “週刊少年ジャンプ”創刊50周年を記念した、特別仕様のミニファミコンが2018年7月7日に発売決定! 価格は7980円[税別]。

    ■特徴その1 店頭で間違うな! スペシャルなパッケージ。

    no title

    no title


     “週刊少年ジャンプ”をイメージした特別仕様のパッケージは、見た目だけではなく、寸法も雑誌としてのサイズとほぼ同等の大きさ。もし、本屋さんで売っていたら、間違って手に取ってしまう……かもしれない、まさに、“週刊少年ジャンプ”創刊50周年にふさわしい、スペシャルなパッケージだ!

    ■特徴その2 ゴールドが眩しい! スペシャルな本体カラー

     通常のミニファミコンとは異なり、本体カラーが金色の“特製ゴールドバージョン”。金色のファミコンで遊べるのは、“週刊少年ジャンプ50周年記念バージョン”だけ!

    no title


    ■特徴その3 誰もが知っている! スペシャルな収録タイトル

     1985年から1993年までに発売された“週刊少年ジャンプ”に関係するファミコンソフトを全20本収録! とにかく懐かしいあのタイトルから、いまでも語り継がれる名作まで、さまざまなジャンルのゲームを楽しむことが可能だ!

     なお、通常のミニファミコンに搭載されている、“中断ポイント”のセーブ機能やオートプレイデモ、ブラウン管の走査線とにじみを再現できる画面設定なども、もちろん対応している(ミニファミコンの機能については以下の記事をチェック)。

    ■商品情報

    商品名:ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ50周年記念バージョン
    発売予定日:2018年7月7日(土)
    価格:7980円[税別]
    CERO:B

    2018-05-14 10:00:00
    ファミ通.com
    https://www.famitsu.com/news/201805/14157186.html

    【【週刊少年ジャンプ縛り+α】新作ミニファミコン発売決定!20タイトル入りで7/7発売!】の続きを読む

    このページのトップヘ