ゲーム

    1: ばーど ★ 2018/05/14(月) 10:30:23.57 ID:CAP_USER9
    no title


     任天堂は、“週刊少年ジャンプ”の創刊50周年を記念して、1985年から1993年までに発売された『週刊少年ジャンプ』に関係するファミコンソフトを20本収録した特別仕様の“ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ”(以下、ミニファミコン)を、2018年7月7日に発売することを発表。

     同商品は、上述の通り“週刊少年ジャンプ”の創刊50周年を記念して特別モデルとなっており、2016年11月10日に発売されたミニファミコンとは、収録タイトルのほか、パッケージや本体カラーが異なっている。

    ■この手の中に超名作ゲームがついに復活!!

     “週刊少年ジャンプ”創刊50周年を記念した、特別仕様のミニファミコンが2018年7月7日に発売決定! 価格は7980円[税別]。

    ■特徴その1 店頭で間違うな! スペシャルなパッケージ。

    no title

    no title


     “週刊少年ジャンプ”をイメージした特別仕様のパッケージは、見た目だけではなく、寸法も雑誌としてのサイズとほぼ同等の大きさ。もし、本屋さんで売っていたら、間違って手に取ってしまう……かもしれない、まさに、“週刊少年ジャンプ”創刊50周年にふさわしい、スペシャルなパッケージだ!

    ■特徴その2 ゴールドが眩しい! スペシャルな本体カラー

     通常のミニファミコンとは異なり、本体カラーが金色の“特製ゴールドバージョン”。金色のファミコンで遊べるのは、“週刊少年ジャンプ50周年記念バージョン”だけ!

    no title


    ■特徴その3 誰もが知っている! スペシャルな収録タイトル

     1985年から1993年までに発売された“週刊少年ジャンプ”に関係するファミコンソフトを全20本収録! とにかく懐かしいあのタイトルから、いまでも語り継がれる名作まで、さまざまなジャンルのゲームを楽しむことが可能だ!

     なお、通常のミニファミコンに搭載されている、“中断ポイント”のセーブ機能やオートプレイデモ、ブラウン管の走査線とにじみを再現できる画面設定なども、もちろん対応している(ミニファミコンの機能については以下の記事をチェック)。

    ■商品情報

    商品名:ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ50周年記念バージョン
    発売予定日:2018年7月7日(土)
    価格:7980円[税別]
    CERO:B

    2018-05-14 10:00:00
    ファミ通.com
    https://www.famitsu.com/news/201805/14157186.html

    【【週刊少年ジャンプ縛り+α】新作ミニファミコン発売決定!20タイトル入りで7/7発売!】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/10(木) 14:43:01.99 ID:CAP_USER9
    “NEOGEO mini”が正式発表! SNKブランド40周年を記念して名作・傑作タイトルを40作内蔵
    5/10(木) 11:16配信 ファミ通.com
    https://s.famitsu.com/news/201805/10157059.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000004-famitsu-game

    先日、SNKがTwitterで同社のブランド40周年を記念して、NEOGEO人気タイトルを収録した新たなゲーム機を制作すると発表したのは記憶に新しいところ。本日(2018年5月10日)、SNKより正式に“NEOGEO mini(ネオジオ ミニ)”が発表された。

    “NEOGEO mini”は、 1990年に誕生したゲームプラットフォームNEOGEOのラインアップの中から、 名作・傑作タイトルを40作品内蔵したゲーム機。 ゲーム機本体に、 3.5インチの液晶ディスプレイを搭載しており、 TVモニターに接続しなくても好きなゲームを楽しめる。 手のひらに乗るコンパクトなサイズで、 外観デザインは、 日本版(日本、 アジア地域で販売)と海外版(北米、 欧州、 その他地域で販売)の2種類を用意。 日本版は、 1990年代に登場したNEOGEOのアーケード筐体をモチーフに、 青、 白、 赤の配色でデザイン。 海外版は、 黒、 白、 青を基調にしたシンプルでモダンなデザインとなっている。

    “NEOGEO mini”の発売時期や収録タイトルなどの詳細については、 今後発表されるとのことだ。

    ◆“NEOGEO mini”商品概要
    ・商品名:NEOGEO mini (ネオジオ ミニ)
    ・収録タイトル数:40タイトル
    ・液晶サイズ:3.5インチ
    ・外形寸法/質量:W135mm×D108mm×H162mm/600g
    ・付属品:電源ケーブル(ACアダブターは含みません)
    ・接続端子:HDMI端子(TV出力用)、 ヘッドホン端子、 外部コントローラー端子×2

    ※画像は開発中のものです。 画面はハメ込み合成です。  
    ※商品のデザイン、 仕様、 外観等は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。
    (C)SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

    【【ネオジオ】“NEOGEO mini”が正式発表! 傑作タイトルを40作内蔵 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/06(日) 22:15:56.67 ID:CAP_USER9
    米博物館の「ビデオゲームの殿堂」に「ファイナルファンタジーVII」など選ばれる
    「トゥームレイダー」なども選ばれています。
    2018年05月06日 17時00分 公開 ねとらぼ
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1805/06/news017.html

    殿堂入りゲーム
    no title


    FF7
    no title


    おもちゃやビデオゲームを展示する米ストロング国立演劇博物館が、2018年の「ビデオゲームの殿堂」を発表しました。
    スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジーVII」などが選ばれています。

    「ビデオゲームの殿堂」は2015年に同博物館がスタートしたもの。
    ある程度の期間人気を博し、ビデオゲーム業界やポップカルチャー、社会に影響を与えたゲームを、プラットフォームを問わず選んでいます。
    これまでに「スーパーマリオブラザーズ」「ポケットモンスター 赤・緑」(任天堂)、「ストリートファイターII」(カプコン)など日本のゲームも選ばれています。

    今回はFF7の他、1962年に米マサチューセッツ工科大学の学生が作った「スペースウォー!」、アメリカンフットボールゲーム「John Madden Football」(Electronic Arts)、映画化もされた「トゥームレイダー」(Core Design)が選ばれています。

    ファイナリストには「Call of Duty」「Dance Dance Revolution」「メトロイド」「Minecraft」なども挙がっていました。

    【【FF7】米博物館の「ビデオゲームの殿堂」に「ファイナルファンタジーVII」など選ばれる これまでにマリオやポケモンなど 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/04/14(土) 18:46:43.27 ID:CAP_USER9
    ◆セガ、「メガドライブ ミニ」発売へ 手のひらサイズで復刻

    セガホールディングスは4月14日、往年の家庭用ゲーム機「メガドライブ」を手のひらサイズで復刻した「メガドライブ ミニ」(仮称)を2018年に日本国内で発売すると発表した。
    「思い出の名作が1台で楽しめる」(同社)という。詳細は近日公開予定。

    14日、イベント「セガフェス2018」(東京・秋葉原)に登壇した里見治紀会長が発表した。
    「ゲーム業界を席巻したタイトルから、マニアがうなるものまで、ユーザーの声を反映したタイトルを収録する」(里見会長)としている。

    メガドライブは、1988年にセガ・エンタープライゼス(現セガゲームス)が発売。
    16ビット家庭用ゲーム機としては、任天堂の「スーパーファミコン」(90年発売)に先駆けて登場した。
    「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」など専用タイトルも人気だった。

    写真:メガドライブ ミニ(仮称)=「セガフェス2018 公式生放送」より
    no title


    産経ニュース 2018.4.14 12:47
    http://www.sankei.com/economy/news/180414/ecn1804140030-n1.html

    【【画像】セガ、「メガドライブ ミニ」発売へ 手のひらサイズで復刻】の続きを読む

    1: マイナンバー ★ 2018/03/29(木) 12:10:07.51 ID:CAP_USER9
    消費者庁は3月28日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントに対して5020万円の課徴金支払いを命じたと発表しました。
    スマホゲーム「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)で景品表示法違反があったとしています。

     問題となったのは、「フェス限ヒロインガチャ」で排出されるキャラクターが「究極進化」
    (レベルはそのままで性能だけパワーアップする進化)の対象になると告知していたものの、
    実際にはほとんどのキャラクターが通常の「進化」(レベル1に戻る)の対象だったこと。

     同庁は、ガンホーが「一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すことにより、
    不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められる表示をしていた」とし、
    景品表示法違反であるとしています。課徴金は本来およそ1億円となるところ、
    ガンホーが自主報告したため半額に減額されています。

     2017年7月にもこの問題で、
    ガンホーに対して再発防止や従業員への周知徹底などを命じる措置命令を行っていました

    問題となった表示
    no title

    問題とされた生放送の告知
    no title


    ねとらぼ
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1803/28/news110.html

    【【悲報】パズドラ、景表法違反で課徴金5000万円】の続きを読む

    このページのトップヘ