健康

    1: 2019/09/20(金) 00:35:45.27 ID:TRanUsJe9
    心臓病専門医のガンドリッヒ博士は、お前らのダイエットメニューからトマトを取り除くべきであると確信しています。

    野菜には多くの栄養素が含まれており、その一部であるリコピンのおかげで、がんのリスクを減らすことさえできます。
    しかし、ガンドリッヒ博士の著書 『植物のパラドックス』で、心臓病専門医は、心臓病のある人に食事をより批判的に見るように勧めています。

    トマトにはレクチンが含まれています。これは、植物が害虫に対する保護のために生成する一種のタンパク質です。そして、これらの物質は人間の健康に深刻な脅威をもたらします

    摂取されると、レクチンは炎症プロセスとさまざまな病気につながるメカニズムを引き起こします。つまり、健康な細胞と病気の細胞の両方を破壊します。

    したがって、トマトは慢性疲労症候群、発疹を引き起こし、脳の活動に悪影響を及ぼし、ハゲにさえつながる可能性があります。

    しかし、これは食事からトマトを完全に排除する必要があるという意味ではありません。対策を知って十分に食べれば十分です。

    gooqle翻訳一部割愛
    https://ukr.media/medicine/401711/
    no title



    【【健康】「トマトを食べるとハゲる」と発表される。リコピンの影にレクチンあり】の続きを読む

    1: 2019/09/14(土) 18:43:10.10 ID:+awEh0wD9
    ハゲは地球上のなによりも深く男性の心に恐怖を投げかけます。
    しかし、ウィスコンシン大学マディソン校のエンジニアが開発した非侵襲的で低コストの発毛刺激技術のおかげで、いつかは帽子をかぶるのと同じくらい簡単に発毛させることができます。

    「これは、髪の再生に対する非常に実用的なソリューションになると思います」と、UW-Madisonの材料科学および工学の教授であるズドーン博士は言います。

    ズドーン博士と同僚は、この技術の説明をACS Nanoジャーナルに掲載しました。

    体の日々の動きからエネルギーを収集するデバイスに基づいて、育毛技術は、穏やかな低周波電気パルスで皮膚を刺激し、休止状態の卵胞を癒して毛の生産を再活性化します。

    デバイスは、残念ながらツルった部分の毛包を新たに発芽させません。
    代わりに、休眠状態になった髪を作る構造を再活性化します。
    つまり、パターン脱毛の初期段階の人々への介入として使用できますが、数年にわたってビリヤードボールのようにハゲたお前らにカスケード状の房を与えることはできません。

    デバイスは装着者の動きによって駆動されるため、大型のバッテリーパックや複雑な電子機器は必要ありません。 実際、このマシンは目立たないので、日常の野球帽の下に慎重に着用することができました。

    ズドーン博士は、環境発電デバイスの設計と作成の世界的な専門家です。
    彼は傷の治癒を刺激する電気包帯の先駆者であり、やさしい電気を使って脳に満腹感を送り込むダイエットインプラントの発明者です。

    髪の成長技術は、同様の前提に基づいています。ナノ発電機と呼ばれる小さなデバイスは、日々の動きから受動的にエネルギーを収集し、低周波の電気パルスを皮膚に送信します。 その穏やかな電気刺激により、休眠中の卵胞が「目覚めます」。

    「電気刺激は、さまざまな身体機能に役立ちます」とズドーン博士は言います。
    「しかし、私たちの仕事の前には、穏やかではあるが効果的な刺激を提供する薄型デバイスのための本当に良い解決策はありませんでした。」

    電気パルスは非常に穏やかで、頭皮の最も外側の層より深く浸透しないため、不快な副作用を引き起こすことはありません。これは、性機能障害、うつ病、不安のリスクを抱えるプロペシアという薬のような他のハゲ治療に比べて非常に有利です。

    さらに、ヘアレスマウスのサイドバイサイドテストでは、ハゲ薬に含まれる2つの異なる化合物と同じくらい効果的にデバイスが発毛を刺激しました。

    「それは自己活性化システムであり、非常にシンプルで使いやすいです」とズドーン博士は言います。 「エネルギーが非常に低いため、副作用が最小限に抑えられます。」

    研究者はウィスコンシン同窓会研究基金でこのコンセプトの特許を取得しており、近いうちに人体実験を進めたいと考えています。

    解説:ハゲかけには効果があるが、お前らのようなハゲには無駄のようです。

    gooqle翻訳一部割愛
    https://news.wisc.edu/electric-tech-could-help-reverse-baldness/
    no title

    no title

    【【ハゲに朗報?】頭皮に電気パルスを浴びせまくれば髪が生えると発表される】の続きを読む

    1: 2019/09/01(日) 19:13:17.28 ID:FT3K1CJD9
    no title


    睡眠時間が7時間を下回るとさまざまな病気の発症リスクが高まるといわれていますが、中には7時間よりはるかに短時間の睡眠でも健康でいられる「ショートスリーパー」という人たちが存在することが知られています。そんな中、10年にわたるショートスリーパーの研究から、ついにショートスリーパーの遺伝子の秘密が解明されたとの論文が発表されました。

    A Rare Mutation of β1-Adrenergic Receptor Affects Sleep/Wake Behaviors: Neuron
    https://www.cell.com/neuron/fulltext/S0896-6273(19)30652-X

    After 10-year search, scientists find second 'short sleep' gene - Neuroscience News
    https://neurosciencenews.com/short-sleep-gene-14814/

    Natural Short Sleepers: Mutated Gene Is Linked to Only Needing 6 Hours | Inverse
    https://www.inverse.com/article/58846-natural-short-sleepers-have-mutated-genes

    ショートスリーパーの遺伝子を特定することに成功したのは、カリフォルニア大学で睡眠の研究を行っているYing-Hui Fu教授率いる研究チームです。実は、Fu教授は2009年にもショートスリーパーにまつわる遺伝子「DEC2」を発見しています。

    当時のFu教授の研究やDEC2遺伝子についての詳細は以下の記事に詳しく記載されています。

    極めて短時間の睡眠しか必要としない人々は普通の人と何が違うのか? - GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20150709-people-need-very-little-sleep/

    Fu教授はこの発見により、カフェインなどの作用や生活習慣によらない「先天性ショートスリーパー(NSS)」が、特定の遺伝子の変異に起因していることを突き止めましたが、DEC2の変異は極めて希少なケースだったため、全てのNSSを説明するには至っていませんでした。

    そこで、Fu教授らは3世代にわたりショートスリーパーを輩出している家系に着目して遺伝子の解析を行いました。その結果、DEC2は検出されなかった一方で、「β1アドレナリン受容体遺伝子(ADRB1)」という遺伝子の新しい変異型が発見されたとのこと。Fu教授はADRB1の変異がもたらす特性が家族の間で受け継がれていくことから、今回発見されたタイプのショートスリーパーを「家族性NSS(FNSS)」と名付けました。

    研究チームは、ADRB1の変異がどのように振る舞うのか調べるため、ADRB1の変異型遺伝子を保有するマウスの脳を調べました。その結果、ADRB1の変異型遺伝子は脳幹の一部である橋背側という部分で特に高いレベルで発現していたことが分かりました。

    橋背側は睡眠や覚醒のメカニズムに関与しているとされている部位です。

    研究チームが、マウス脳内のADRB1が発現したニューロンを刺激してみたところ、深い睡眠状態であるノンレム睡眠中だったにもかかわらず、マウスはすぐに覚醒して活動を開始したとのこと。また、追加の実験により、ADRB1の変異型遺伝子を保有するマウスは、覚醒状態を促進するニューロンの数が普通のマウスよりも格段に多いことも判明しています。

    今回の研究により、FNSSの短時間睡眠の原因となる遺伝子が特定されましたが、未解明の謎も残されています。Fu教授によると、FNSSたちは単に睡眠時間が短いだけでなく、楽観的かつ精力的な性格で、マルチタスクも得意だとのこと。さらに、FNSSの人たちは痛いと認識される刺激の最低値である疼痛閾値が高く、時差ぼけとも無縁な上、長生きである可能性すらあると見られています。こうした特徴はADRB1だけでは説明がつかないことから、Fu教授や共著者のルイス・プターチェク教授は、FNSSの健康を支える別の遺伝子があるのではないかと考えています。

    Fu教授は「マイナスの影響を受けずにショートスリーパーでいられる遺伝子を見つけることができれば、睡眠障害に苦しむ人々を救うことができるだけでなく、あらゆる人々に健康的で効率的な睡眠をもたらすことができるはずです」と述べて、さらなる研究への意欲をのぞかせました。

    GIGAZINE 2019年08月29日 20時00分
    https://gigazine.net/news/20190829-natural-short-sleepers-genes/
    カラパイア 2019年09月01日
    http://karapaia.com/archives/52278876.html

    【【睡眠の長短】睡眠時間が短くても平気な「ショートスリーパー」は遺伝子の突然変異が原因だった 】の続きを読む

    1: 2019/08/30(金) 07:33:02.50 ID:+zEYE+aF9
    パンやシリアルといった洋風の朝食を食べる人の中には、朝食と一緒に必ず牛乳を飲むという人もいるはず。そんな人にとって朗報となる、「朝食に牛乳を飲むと朝食後だけでなく昼食後まで血糖値が低くなる」という研究結果が報告されています。

    Effect of milk protein intake and casein-to-whey ratio in breakfast meals on postprandial glucose, satiety ratings, and subsequent meal intake - Journal of Dairy Science
    https://www.journalofdairyscience.org/article/S0022-0302(18)30742-2/fulltext

    Consuming milk at breakfast lowers blood glucose throughout the day | EurekAlert! Science News
    https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-08/e-cma081618.php

    カナダのゲルフ大学で食事に関する研究を行っているダグラス・ゴフ教授の研究チームは、トロント大学と共同で朝食に牛乳を飲むことが体に与える影響について調査しました。研究チームは平均年齢23歳で、体重・体格を表す指数であるBMIが22.2というほぼ理想的な体格を持つ、32人の被験者らを対象に実験を行ったとのこと。

    まずは実験前に絶食させた被験者に対し、朝食として250mlの液体に浸したオートミールを食べさせました。被験者らはオートミールを浸す液体について、「高タンパク質(含有量9.3%)の牛乳」「通常レベルのタンパク質(含有量3.1%)の牛乳」「水をベースとした液体」という3つのグループに分けられました。その後、研究チームは昼食として3つのグループの被験者らにピザを食べてもらいました。

    この実験において、被験者らは朝食前後・昼食前後に採血によって血糖値が調べられたほか、食欲についても調査されたとのこと。その結果、水をベースにした液体でオートミールを食べたグループよりも、牛乳と一緒にオートミールを食べた2つのグループのほうが、食後の血糖値が低くなっていることが明らかになりました。これは朝食後に限った話ではなく、朝食に牛乳を飲んだグループは昼食後の血糖値まで低くなっていたそうです。また、高タンパクの牛乳を飲んだグループについては、通常レベルのタンパク質を含んだ牛乳を飲んだグループと比較して、食後の食欲も減少していました。

    この現象は、牛乳に含まれるホエイプロテインやカゼインプロテインといったタンパク質の影響だそうです。いずれのタンパク質も胃から消化を遅らせるホルモンを放出する働きを持っており、特にホエイプロテインはホルモンの迅速な分泌を促し、カゼインプロテインはホルモンの効果を長続きさせる効用を持ちます。

    これらのタンパク質の働きにより、朝食に牛乳を飲むと満腹感が持続して食欲を抑え、炭水化物の消化を遅らせることで血糖値の上昇も抑える効果が現れるとのこと。また、高タンパクの牛乳であるほうが、通常レベルのタンパク質を含んだ牛乳よりも効果が高いことも明らかになりました。

    ゴフ教授は今回の研究結果について、「メタボリックシンドロームや糖尿病の患者数は全世界的に増加しており、人々はリスク管理のために食生活を見直す必要があります。今回の研究は人々に自らの健康を改善してリスク管理を行わせるために、牛乳を飲むことを促すものです」と語っています。

    no title

    http://gigazine.net/news/20180830-effect-milk-protein-glucose/

    【【健康】朝食に牛乳を飲むとタンパク質の効果で朝食後だけでなく昼食後も血糖値が低くなるという研究結果】の続きを読む

    1: 2019/08/24(土) 23:08:17.30 ID:H9gIMfCr9
    お前らが致命的な心臓発作のリスクがあることを示す5つの兆候

    お前ら! 心臓発作で突然死ぬお前らの半数以上に、以前の徴候や警告がないって知ってたか?
    胸の痛みはありません。 運動による息切れはありません。デスノートでもない。?何もありません。

    トラブルの最初の兆候は、まあ、すでに亡くなったお前らの仲間の最後の兆候でした。
    私は確かにそれを軽視していませんが、兆候をチェックすることの重要性を強調しています!

    お前らがお前らのリスクを高める可能性のあるお前らについて知っている5つのことのリストをチェックしてください。
    心当たりがあるならば、心臓発作による突然死を避けるためにも自発的に医師へ相談しましょう。

    1.勃起障害またはED。 年齢に関係なく、下にあるものが正常に機能しない場合、心臓が危険にさらされている可能性が高くなります。 EDは血管疾患の徴候である可能性があります。 機能不全がそこに起こっている場合、それは他の部位でも起こっている可能性があります。覚悟しましょう。

    2.明白な理由なしのふくらはぎの痛み。ウォーキングなどの単純な活動でふくらはぎが時々痛む場合、これは心臓病の兆候である可能性があります。覚悟しましょう。

    3.白髪。ヨーロッパでの2017年の研究では、多くの白髪が冠状動脈性心臓病の無症候性の危険因子であることが示されました。今死ぬかも?覚悟しましょう。

    4.斜めの耳たぶのしわ。お前らマジでしっかりチェックしろし。喫煙や糖尿病などの心臓病の他の危険因子を考慮した後でも、斜めの耳たぶのしわがある場合、心臓発作のリスクが高くなります。鏡に向かって走って見て見ましょう。もしあれば、覚悟しましょう。

    5.ハゲ。 37,000人近くの男性を対象とした非常に優れた研究では、年齢に関係なく、ハゲが無症候性冠動脈疾患の存在を強く予測することが示されました。毛髪も人生も他人より足りないとか、神の御加護はどこに行ってしまったのか。覚悟しましょう。

    つまり、お前らって突然心臓発作で死んでいるわけではないかもしれません。ハゲやEDというサインを出し続けていたのだから。

    上記のいずれかをお持ちの場合は、冠動脈を評価する多くの方法の1つについて医師に相談してください。

    上記の5つの静かな手がかりに「いいえ」をマークしたとしても、お前らの人生に積極的に取り組むことは良い考えです。

    gooqle翻訳一部割愛
    https://www.idahostatejournal.com/community/five-signs-that-a-man-is-at-risk-of-a/article_76e3bd36-0bd5-594d-87ea-b4dcd2aed055.html
    ワラエン・ウリー博士近影
    no title

    【【HAGE】ハゲとEDは心臓発作で死にやすいと発表される。5つの兆候を今すぐcheck it out 】の続きを読む

    このページのトップヘ