健康


    image
    1: 2020/12/11(金) 02:09:47.48 ID:W02ghNcO9
    頭皮用のスクラブや頭皮用の日焼け止めなどさまざまな頭皮ケア製品が登場するなか、最近海外で話題となっているのがカフェインを配合したシャンプー。プロもイチオシするカフェインシャンプーの効果とは?(フロントロウ編集部)
    カフェイン入りのシャンプーに注目
     コーヒーでおなじみのカフェインは、じつは最近、海外の美容界で注目されている成分。シワなどのエイジングサインを緩和したり目元のクマを抑えたりといった肌へのメリットがあることから、さまざまなスキンケア製品に主成分として取り入れられ、再注目を浴びている。そしてその人気はスキンケアのみならず、ヘアケアにも広がりを見せている。

    海外では、多くのヘアケアブランドからカフェイン入りのシャンプーが発売されているほか、創業100年以上の歴史を持つカフェインシャンプーの老舗ブランド、アルペシン(Alpecin)は2020年に大幅に売上がアップ。カフェインが、新たなヘアケアトレンドとして急浮上している。そんな注目のアイテム、カフェインシャンプーにはどんな効果があるのかご紹介。

    頭皮環境をよくして美髪をつくる!
    カフェインシャンプーの一番の魅力は、頭皮のエイジングケアができること。ヘアロスやボリュームの減少、コシやツヤ不足といった髪質の変化などの悩みは、加齢にともなって起こる頭皮環境の変化が原因のひとつ。これまでにも一部の育毛剤などに配合されてきたカフェインのエイジングケア効果により、加齢による頭皮環境の変化にアプローチして、このさまざまな髪の悩みを解消してくれる。

     数々のセレブを手掛けてきた有名ヘアスタイリストの故オリベ・カナレスが設立したブランド、ORIBE(オリベ)のクリエイティブディレクターを務めるミケーレ・バージェスは、「コーヒーを飲むことで脳や身体がシャキッと冴えてエナジーをブーストできるように、カフェインは頭皮に刺激を与えてエネルギーを補給する効果がある」と英Stylistでコメント。この働きにより、しなやかな美髪へと導いてくれる。

    画像2: 頭皮環境をよくして美髪をつくる!
     そしてもうひとつ嬉しいのが、髪の成長を促進してくれること。育毛シャンプーに含まれることも多いカフェインは、頭皮に刺激を与えることで活性化させて髪を伸ばすスピードを加速させる働きがあるという。髪のコシやボリューム不足が気になる人だけでなく、なるべくはやく髪をのばしたい人にとっても役立ちそう。

     海外で注目を集めるカフェインシャンプーは、日本から購入できるものもあるのでぜひチェックしてみて。


    (フロントロウ編集部)
    https://front-row.jp/_ct/17415723

    【【話題】カフェインには髪を伸ばすスピードを加速させる効果がある カフェイン配合シャンプーがヘアケア業界のトレンドに】の続きを読む

    1: 2020/06/18(木) 07:17:41.06 ID:uRzHeGxR9
    ストロング系の酒は「危険ドラッグ」なのか 飲みやすさで人気の陰に依存症の懸念
    毎日新聞 2020年6月17日 21時21分(最終更新 6月17日 21時21分)
    https://mainichi.jp/articles/20200617/k00/00m/040/268000c

     飲みやすさと低価格で近年売り上げが急速に伸びているアルコール度数7~9%のストロング系チューハイ。ビールなど他のアルコール商品の売れ行きが縮小傾向にある中で市場をリードするが、アルコール依存症に取り組む専門家からは飲み過ぎや依存症を誘発するリスクが大きいと警鐘を鳴らす発信が相次ぐ。そんな中、オリオンビール(沖縄県)が「消費者の健康配慮のため」として今年に入って自社のストロング系チューハイの生産終了を決め、業界に一石を投じた。「ストロング系」全盛の流れを変えることになるのだろうか。【平塚雄太/西部報道部】

     退職後に妻を病気で亡くし、1人暮らしになった60代の男性。喪失感や孤独から飲酒を重ね、行き着いたのがストロング系チューハイだった。アルコール度数が高いのですぐに酔えて、口当たりがいいため飲むのが止まらなくなり、ろくに食事も取らずに飲んでは寝る日々。ろれつが回らずに失禁をするようになっても宅配で注文し続け、幻覚や幻聴を自覚するようになった。離れて暮らしていた娘が電話で異変を感じ男性宅を訪ねると、空き缶があふれ、異臭の充満する部屋に脱水症状で倒れていた――。

     これはアルコール依存症の治療に取り組む大船榎本クリニック(神奈川県鎌倉市)の精神保健福祉部長、斉藤章佳さんが著書「しくじらない飲み方 ―酒に逃げずに生きるには」(集英社)で紹介した依存症の男性の例だ。本で紹介した依存症6例のうち5例はストロング系チューハイを常飲しており、斉藤さんは「実感として、ここ数年のアルコール依存症患者の7~8割は『ストロング系』を常飲している」と指摘する。

    以下、有料記事です。
    残り1601文字(全文2278文字) 
    【【アル中まっしぐら】ストロング系の酒は「危険ドラッグ」なのか 人気の陰に依存症の懸念】の続きを読む

    1: 2020/05/27(水) 21:37:45.28 ID:0BN48aIF9
     地域によってはすでに解除されているが、緊急事態宣言が発令されて1か月以上が経過した。慣れない自宅環境でのテレワークにゲンナリしながらも、中には「自宅の椅子に座りっぱなしなので痔になってしまった……」という話を聞くことが多くなった。

     そこで今回は、テレワークで痔になってしまった人に話を聞き、痔の先人達に対策法を教えてもらった。

    辛い食べ物が原因?トイレで力んだら裂けた…
     まず、話を聞いたのは都内のソフトウェア開発会社に勤務するTさん(仮名・31歳)。エンジニアという仕事上、常にPC画面を見つめていないといけないTさんは1か月前にテレワークが導入された後、痔になってしまった。

    「自宅でPC作業をすることなんかせいぜい動画を見る程度だったので、椅子には全然こだわっていませんでした。それが緊急事態宣言とともに『明日から在宅で』と会社から急に言われて、新しい椅子を買いに行く時間もありませんでした。僕の場合、座りっぱなしが原因というのもあるのですが、食生活が大きいかもしれません。勤務中はPCの前から基本離れられないので、食事は出前で済ましています。

     辛い食べ物が好きなので、近所の中華料理屋の麻婆豆腐や担々麺が多いです。夜は家で晩酌をするのですが夕飯を作るのが面倒なので、スーパーで買ってきたキムチをツマミに飲んでいます。そんな偏った食生活のせいか便秘になってしまい、先日トイレで思いっきり力んだら……裂けてしまいましたね。出血もしていたので慌てて病院に行くと裂肛(切れ痔)と診断されました…」

     現在は処方された軟膏と、通販で購入したドーナツクッションで対策をしているという。しかし、相変わらず辛いものをやめることができないようで悪化しているという……。

    先人の教え
     Tさんのように、テレワークで自宅の椅子で長時間作業をしていて痔を発症してしまったり、再発をしてしまう人は多いという。都内のIT会社に勤める、慢性裂肛(切れ痔)持ちだというSさん(33歳)はこんな対策法を教えてくれた。

    「コロナ前は出張や旅行で海外に行くこともあったので、オフィス以外の場所で仕事をすることも多かったんです。今日は調子が悪いな……というときは、椅子に座らずに寝転んだ状態で仕事すると良いですよ。床やベッドにうつ伏せになって、お腹にクッションを挟みながら作業するので自宅でもできると思います。

     PCがデスクトップとかでどうしても椅子に座らなければいけないときは、自然と前屈姿勢になってお尻の負担を減らせるクッションを使っています。クッションはたくさん種類があるのですが、人それぞれラクな体勢があると思うので色々試してみるしかないですね。出張が多い人は、飛行機の中でも使えるパウダービーズ入りのクッションが軽くておすすめですよ」

    いぼ痔が再発…ウォッシュレット強に悶絶
     続いて、このテレワークの間に痔核(いぼ痔)が再発してしまったというKさん(35歳)に、話を聞いてみた。

    「若い頃から体調によって治ったり再発したりを繰り返していたのですが、今回のテレワークで更に悪化してしまいました。自宅ダイニングの硬い椅子で作業しているのが原因だと思うのですが、排便時に出血したり、いぼが『コンチニハ』することも。たまに妻がウォッシュレットを強にしたままで、悶絶することもありますね……。

     いっそのこと手術も考えたのですが、子供が小さいので病院に行くために外出するのも気が引けてしまって。でも、便が硬いと朝からトイレと格闘になってしまうので、勤務に影響しかねない。なので、最近は整腸剤を常用するようになりました。下剤と違ってお腹が痛くなることもないですし、朝のお通じもスムーズに。軟便や下痢での痔に悩んでいる人にもおすすめですよ」

     他にも、ぬるめのシャワーで患部を小まめに洗浄する、仕事の空いた時間に適度な運動を心がけるなど、テレワークでの痔対策を教えてくれた。長期のテレワークで暴飲暴食や深酒をしてしまう人もいるかもしれないが、痔にとっては天敵だ。病院になかなか行きづらい状況の中、上手く痔と付き合っていくことが大切なのだ。<取材・文/カワノアユミ>

    5/25(月) 15:55配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9de53e1c3c88dc8f9693d8056541607db978055a
    no title

    【【新型コロナの弊害…】テレワークで痔になる人が急増? トイレで力んだら裂けた…】の続きを読む

    5005
    1: 2020/05/17(日) 20:10:49.63 ID:ZstgcBKk9
    【ロンドン共同】新型コロナウイルスの感染者のうち、肥満の人ほど重症化するリスクが高い傾向にあることが、英国内での複数の調査で分かった。15日付タイムズ紙によると、ジョンソン首相(55)も、自らの肥満体質が重篤な症状に陥った一因と受け止め、国民の肥満対策を強化する構えだ。

     BBC放送などによると、英国で新型コロナウイルスに感染した入院患者について、リバプール大は約1万7千人を対象に調査。このうち、肥満度の目安となる体格指数(BMI)で、肥満の程度が重いとされる30超の人は30以下の人に比べ、死亡するリスクが3割以上高まると分析した。

    https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020051701001407.html 
    【【新型コロナ】肥満の人ほど重症化する事が英国の調査で判明】の続きを読む

    text_news

    1: 2020/05/11(月) 10:05:20.51 ID:Gs06GyGj9
    コロナ、症例解析へ―東洋医学会
    2020年5月10日 15時5分
    時事通信社

     日本東洋医学会は10日までに、新型コロナウイルス感染症やその疑いのある患者に対し、医師が処方した葛根湯などの漢方薬や、解熱鎮痛薬などの対症療法がその後の重症化の有無とどう関連があるか調べるため、医療機関に症例の報告を呼び掛けた。

     同学会は1000例規模を集め、統計的に解析する。

     症例募集は医療機関が対象で、同感染症(疑いを含む)患者に対し、熱やせきなどを抑えるための対症療法として投与した薬の内容、受診開始から14日目までの症状の推移と、重症化(酸素投与)の有無などの情報提供を求めている。

     研究事務局の東北大病院漢方内科の高山真・准教授は「感冒症状に処方する漢方薬には抗炎症・抗ウイルス効果、免疫調整作用などが報告されているものもあり、新型コロナウイルス感染症でも一定の効果が期待できる可能性がある」と説明。その上で、漢方薬を希望する際には医師や薬剤師と相談した上で内服するよう呼び掛けた。 

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18239454/  
    【【新型コロナ】「葛根湯がコロナに!?」日本東洋医学会が統計的に解析へ】の続きを読む

    このページのトップヘ