健康

    1: ごまカンパチ ★ 2018/01/30(火) 21:52:40.56 ID:CAP_USER9
     耳は、音を聞き、体のバランス感覚をつかさどる。耳の穴から鼓膜までが外耳道。
    耳あかが栓になって外耳道をふさぐと、外界から入った音が鼓膜を振動させるのを邪魔し、聞こえにくくなる。

     国立長寿医療研究センター耳鼻咽喉科研究員(元科長)の杉浦彩子さんは
    「高齢者は耳あかがたまりすぎないように耳鼻咽喉科で定期的にチェックを」と話す。

     両方の外耳道をふさいでいたピーナツ大の耳あかを取り除いた途端、話しかけに返事をするようになった認知症の96歳の男性、
    耳掃除をしたら、認知機能が良くなった80歳の女性など、耳あかと聴力、認知機能の関係も診療現場で明らかになってきた。

     耳あかがたまって聴力が低下すると、会話が難しくなる。
    会話しなくなると脳への刺激が減って認知機能が低下、耳を清潔に保とうとする意識が薄れ、ますます耳あかがたまる……
    杉浦さんは、こうした悪循環を指摘する。

     外耳道には耳あかを外へ押し出す「自浄作用」があるが、これが衰えて耳あかがたまりすぎると、炎症が起きて骨まで溶ける。
    「外耳道真珠腫」という病気だ。放置すると自浄作用がさらに落ち、炎症がどんどん進行する。80歳以上でしばしばみられる。

     耳あかがたまりすぎない早い段階で発見することが大切だ。耳鼻咽喉科で数か月に1度、耳あかを除去してもらうと良い。
    ただ、乱暴な耳掃除をすると、外耳道を傷つけてしまうので注意したい。

    ■耳掃除、やり過ぎに注意…2週間に1回程度に
     高齢者や外耳道が狭い小児は耳あかのたまりすぎが問題になるが、耳の病気などがない成人では、過度の耳掃除は禁物だ。

     そもそも耳あかとは何か。
    外耳道を覆う皮膚が古くなったものや、保護・保湿のために分泌される粘液、ほこりや砂などがまざったものが耳あかになる。

     杉浦さんによると、外耳道の奥にある皮膚は外側へとベルトコンベヤーのようにゆっくりと移動しており、これにあごの動きなどが加わった
    「自浄作用」が働けば、自然と耳あかは排出される。

     毎日のように耳掃除をしたり、硬い耳かきで奥の方をガリガリこすると、外耳道に傷がついたり、炎症が起きたりして、自浄作用を妨げてしまう。

     転んだり、子どもや犬がぶつかってきたりして鼓膜を破るような事故も起きている。
    東京消防庁によると、2012~16年の5年間に耳掃除中の事故で364人が救急搬送された。

     アメリカの耳鼻咽喉科頭頸(けい)部外科学会は17年の指針で
    「耳あかを奥に押し込めるだけで、外耳道を傷つけている」などとして、耳掃除のやり過ぎに注意するよう求めている。

     欧米では点耳薬で耳あかを溶かして洗い流すことが推奨されているが、日本ではまだ一般的ではない。

     このため、杉浦さんは耳掃除の注意点として、
    〈1〉2週間に1回程度にする
    〈2〉綿棒にはベビーオイルなどを塗り、耳の穴の入り口付近を軽くぬぐう程度にする
    〈3〉事故が起きないように周囲に十分注意を払う――をあげている。

    ※続きはソースでどうぞ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00010000-yomidr-sctch

    【【医学】耳あか詰まり…認知機能低下、骨まで溶ける炎症も 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/01/26(金) 00:13:00.07 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3159943?cx_position=12

    2018年1月25日 17:49 発信地:パリ/フランス
    【1月25日 AFP】喫煙本数を1日20本から1本に減らしても心臓発作や脳卒中が起こる確率が大幅に低下することはなく、20本の場合と比べて約50%のリスクが残るという研究結果が24日、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)で発表された。

     論文の筆頭著者である英国のロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(UCL)のアラン・ハックショウ(Allan Hackshaw)教授は、「1日に吸う本数を20本から1本に少なくすればリスクも20分の1、つまり5%に低下すると直感的に考えがちだ」と指摘。

     その上で、「これは肺がんのケースでは当てはまるようだが、心臓発作や脳卒中の場合は違う。1日1本の喫煙でも1日1箱分の50%程度のリスクが生まれる」と述べた。

     ハックショウ教授は、喫煙本数を1日数本に減らせば長期的な健康被害のリスクがほとんどなくなる、または完全になくなると勘違いすべきではないと強調している。

     世界保健機関(WHO)の統計によると、喫煙が原因で毎年約700万人が死亡しており、うち約200万人は心臓発作や脳卒中など循環器系の疾患によるケースだという。(c)AFP/ Marlowe HOOD

    【【健康】1日1本のたばこでも心臓発作のリスク大、英大学ハックショウ教授の研究 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/01/09(火) 23:04:23.53 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3157781?cx_position=37

    2018年1月9日 12:48 発信地:マイアミ/米国
    【1月9日 AFP】定期的に夜勤シフトで働く欧州と北米の女性は、日中に勤務する女性と比べてがんにかかるリスクが19%高くなる可能性があるとの研究論文が8日、発表された。

     米がん学会(AACR)の学会誌「Cancer Epidemiology, Biomarkers and Prevention(がんの疫学・生体指標・予防)」に発表されたメタ分析によると、オーストラリアとアジアの女性については、夜勤によるがん罹患(りかん)リスクの明らかな増大は見られなかった。

     論文著者で中国・成都市(Chengdu)の四川大学(Sichuan University)華西医学センター(West China Medical Center)のがん専門医ジンライ・マー(Xuelei Ma)氏は「われわれの研究が示しているのは、夜勤が女性のがん一般の危険因子として作用しているということだ」と話す。

    「夜勤と乳がんリスクとの関連が、北米と欧州の女性でしか見られないことに驚いている」とマー氏。「これらの地域の女性の性ホルモン量が多い可能性がある。ホルモン量は乳がんなどホルモン関連のがんと明確に結びついている」

     同研究は北米、欧州、オーストラリア、アジアの390万人の研究参加者を対象とした11万件以上のがんについて、これまで発表されている61件の研究を分析したもの。

     長期の夜勤で高まる総合的ながんのリスクは19%だが、皮膚がんは41%、乳がんは32%と、特定のがんのリスクはさらに高くなっている。さらに乳がんに特定した場合、夜勤による罹患リスクは5年ごとに3.3%上昇するという。

     マー氏は、この研究結果は、長期的に夜勤する女性に対する健康保護プログラムの必要性を示していると指摘。「長期に夜勤に就く女性は、定期的に身体検査とがん検診を受けるべき」だとしている。(c)AFP

    【【健康】夜勤の女性はがんになりやすい、研究 】の続きを読む

    このページのトップヘ