芸能

    1: シャチ ★ 2018/02/19(月) 20:49:57.39 ID:CAP_USER9
    歌手の泰葉が19日、公式ブログを9日ぶりに更新、自己破産して、実家との関係修復を図るべく
    東京・根岸の実家を訪ねたものの、家族と会えなかったとつづっている。

     泰葉はこの日、最初の投稿で「ここ数日 頑張りましたが DVDが 数十枚しか 売れず 自己破産に 
    なりました」と説明。「これから 根岸の実家に 戻って お詫びをし 家族の縁を復活させて もらいたいと 
    思います」と、昨年6月に絶縁を宣言した実家との関係を修復する意向を示した。

     泰葉は落語家の故林家三平さん(先代)とエッセイストの海老名香葉子さん夫妻の次女。
    姉は俳優・峰竜太の妻でタレントの海老名美どりで、弟は落語家の林家正蔵と林家三平。

     2本目では「残念ながら ねぎしの実家は 応答して くれませんでした」とし、
    「姉の家に 行ってみます」と報告。

     3本目では「実家ねぎしの対応」と題し、「私が ねぎしの玄関 チャイムを鳴らすと 事務員さん女性が ハイ と 
    言ったので 泰葉です と話すと 後ろで 母の 咳払いの ような音が 聞こえました そして ガシャっと 
    切られ 何回か 鳴らしましたが 応答は一向に ありませんでした 寒い 寒い 二月の下町でした」と記述。

     4本目では「姉は留守でした」と題し、「姉のお家は 立派です 事務員さん女性が 出てきてくださり 
    姉の携帯に 連絡して くれました きっと 家族で お食事かもしれませんね 事務員さんは 
    泰葉さん お綺麗ですね と、、、少し暖かくなりました」と記している。

    デイリー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00000116-dal-ent
    画像
    no title

    【【芸能】泰葉、自己破産 実家を訪ねるも相手にされず 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/02/16(金) 21:45:10.99 ID:CAP_USER9
    保阪尚希 7歳の誕生日3日後に両親が自殺 親戚の非情な言葉…
    2/16(金) 21:01配信 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/16/0010992173.shtml
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000147-dal-ent

    保阪尚希
    no title


    俳優・保阪尚希(50)が16日、TBSで放送された「金スマSP」に出演。7歳の時、両親が自殺したことなど、壮絶な過去を明かした。

    サラリーマンだった父、主婦だった母、4歳下の妹、祖母の5人暮らし。保阪は「すごい教育ママだった」母親のもと、英語、ピアノ、エレクトーン、そろばん、習字、器械体操など多くの習い事をし、幸せに暮らしていた。しかし、7歳の誕生日を迎えた3日後の1974年12月14日、両親が自ら命を絶った。メディアでは無理心中などと報じられた。

    いつもは両親、保阪が2階で寝ていたが、その日だけは、父親から「尚希はきょうはおばあちゃんの部屋(1階)で寝なさい」と言われたという。翌朝、目が覚めると、玄関に「同じ革靴がぶわーっと脱ぎ捨てられてて」と多数の警官が自宅に駆け付けており、祖母が質問攻めにあっていたという。

    保阪と当時2歳半だった妹は、親戚のおじ宅に連れていかれたが、「何も分からない。急すぎて。(当日の)記憶がないんです」「記憶を消したのか覚えてないのか、そこだけ記憶が断片的なんです」と振り返った。葬儀の後、保阪は「1人で生きていく」と誓ったという。

    その後、祖母との3人暮らしが始まり、保阪は極力、祖母に迷惑をかけまいと、料理、家事を自分でやっていたという。しかし、両親の死から2年後、9歳の時に祖母が脳いっ血で倒れ、半身不随になってしまう。

    その時、いち早く駆けつけた叔母が発したのが「あんたが迷惑かけるからよ」という非情な言葉だった。わずか9歳だった保阪だったが、この時、「1日でも早く自立する、1円でも稼ぐ仕事をする」と誓ったことなどを明かした。

    【【芸能】保阪尚希 7歳の誕生日3日後に両親が自殺 親戚の非情な言葉…】の続きを読む

    1: 膳摩漏 ★ 2018/02/14(水) 23:49:49.85 ID:CAP_USER9
    元SMAPの木村拓哉が主演ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の公式LINEに投稿した写真が、「イタすぎる」とネット上で話題になっている。

     木村は第4話が放送される8日、サングラスをかけ舌を出した自撮り写真を投稿。「今夜は4話でぇ~す!! 我がBGチームは朝からバッチリ撮影しておりまぁ~す!」とつづった。

     また、11日にも、「今日も、ロケからのテレビ朝日に移動して撮影でぇ~す!」と、8日と同様、舌を出した自撮り写真を投稿した。

     最近、ネットへの写真掲載を大々的に解禁したジャニーズ事務所だが、SNSはご法度。
    しかし、木村は正月に期間限定で放送された「LINEのお年玉スタンプ キャンペーン」のCMに出演したこともあり、公式LINEに限って写真投稿がOKなようだが…。

     「ドラマのために、いわば“捨て身”で写真を投稿しているキムタクだが、残念ながら、あまりドラマのPRに結び付いているとは言い難い状況。ネットでは、『イタすぎる』などの声が多く飛び交っている。
    とはいえ、周囲がキムタクの写真にダメ出しするわけにはいかないので、放置しておくしかない」(テレビ局関係者)


    【【芸能】キムタク、ドラマの公式LINE写真がイタすぎると話題 】の続きを読む

    1: きのこ記者φ ★ 2018/02/15(木) 20:12:49.35 ID:CAP_USER9
    ロックバンド「SOPHIA」と「MICHAEL」のボーカル・松岡充(46)が、
    15日放送のTBS系「プレバト!!」(木曜・後7時)の「俳句の才能査定ランキング」コーナーに登場。
    4回連続の「才能アリ1位」を獲得し、特待生に昇格した。

    「ラーメン屋台で一句」というお題に、「路地裏の闇 嬌声(きょうせい)は猫の恋」と詠んだ。

    夏井いつき先生は「“猫の恋”は発情期を表していて、春の季語」と解説し、
    「自分の言いたいことをきちんと紡いでいる」と松岡の句を褒めた。

    しかし、「このままでもいけるけど、もう一つ考えられる語順があるといい
    「路地裏の嬌声(きょうせい) 闇に猫の恋」と添削。
    「どっちが良い悪いではなく、作者がどのニュアンスを伝えたいか表現の問題」と話した。

    MCの浜田雅功(54)から「松岡は4回目の1位」と指摘を受けると
    夏井先生は「しょうがない。よく頑張った特待生にしましょう」と昇格を承認。
    松岡は「ミュージシャン初の特待生ですね」と昇格を喜んだ。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180215-OHT1T50176.html
    no title

    【【芸能】SOPHIA松岡、ミュージシャン初の「俳句特待生」に・・・「路地裏の 闇 嬌声は 猫の恋」 】の続きを読む

    このページのトップヘ