生活

    1: 2019/11/14(木) 22:03:06.63 ID:0jgdSYsM9
    全日遊連は11月13日、都内港区の第一ホテル東京で全国理事会を開催。「高射幸性回胴式遊技機の設置比率に関する自主規制期限の再設定について」を協議し、「各ホールにおける高射幸性回胴式遊技機(パチスロの高射幸性旧基準機)の(パチスロ総台数における)設置比率を2020年1月31日時点で15%以下とする」という執行部案を賛成多数で決議した。

    同決議には付帯事項として、設置比率を5%以下とする期限は6号機の供給状況を見ながらあらためて検討するが、各ホールは5%以下の早期達成に向けて高射幸性回胴式遊技機が一貫して減少傾向になるよう努め、当該台を増台しないこと、顧客が遊技することを想定しないような遊技機を設置してパチスロの総台数を増台することによって、高射幸性回胴式遊技機の設置比率を下げるような行為を行わないことが盛り込まれている。

    高射幸性回胴式遊技機の設置比率に関する自主規制は、当初、2019年1月末までに15%以下とし、2020年1月末までに5%以下とすることとなっていた。しかし、6号機の供給不足を理由に2019年1月末までに15%以下とする目標の延期を昨年11月の理事会で決定。そのままの状態が続いていたため、9月の全国理事会でも俎上に上っていた。今回決議した再設定案は執行部が警察庁とやりとりした上でとりまとめ、10月25日付で各都府県方面遊協に送付していたものだ。

    理事会終了後の記者会見で阿部理事長は、新基準に該当しない回胴式遊技機の設置比率が30%に限りなく近いホールもあることや依然として6号機の供給が遅れている現状を考え、とりあえず15%以下とすることとしたと説明。「来年1月末までに5%以下とすべく、組合員が一丸となって進めてきたのに、これでは正直者が馬鹿を見るじゃないかという意見もあったが、最終的には一部の文言を若干修正するだけで承認された」と話した。

    また、警察庁からは、事前に執行部案を示したところ、高射幸性回胴式遊技機の設置比率が全国平均で限りなく15%に近付いているなかで、あらためて15%を目標に据えるとはどういうことなのかとの指摘を受けたが、店舗間では格差があることから、まずはすべてのホールが15%以下とする必要があるとして理解を求めたという。

    そのほか、依存問題対策関連では、「パチンコ依存問題対策基本要綱」と「パチンコ・パチスロ産業依存問題対策要綱」が11月11日のパチンコ・パチスロ産業21世紀会で承認されたことを報告。10月の台風19号によって被災したホールは全日遊連として未集計の千葉県を除き、11都県の313店舗で、そのうち災害救助法の適用地域内のホールは201店舗に上ることも伝えた。

    https://yugi-nippon.com/pachinko-news/post-31079/
    no title

    no title

    【【斜陽】 高射幸性パチスロ機、来年1月末で15%以下を決議 】の続きを読む

    jikokuhyo
    1: 2019/11/10(日) 23:17:08.80 ID:x1/hHGAL9
    かつて鉄道ファンといえば日陰の存在だったが、今や女性芸能人が鉄道好きを公言する時代。大人の趣味として完全に定着した感がある。趣味=お金がかかるものという印象は強いが、鉄道趣味とは奥が深いもの。かかる費用はジャンルによって大違いだ。ライターの金子則男氏がいう。

    「鉄道ファンは大きく分けて、車両の写真を撮る“撮り鉄”、鉄道に乗る“乗り鉄”、模型が好きな“模型鉄”が三大派閥で、そこに歴史、収集、時刻表などが複雑に絡み合う形で形成されています。

     全国を飛び回る乗り鉄は一見ものすごくお金がかかりそうですが、鉄道に乗れる時間には限りがありますし、ごくごく一部の超高級豪華列車を除けば、乗車料金は法外なものではありません。青春18きっぷなどのオトク切符を使って費用を節約する方法もあります。海外の鉄道まで手を広げれば、話は別ですが……。

     撮り鉄も乗り鉄と同様、写真を撮れる時間には限りがありますから、自ずと上限額は決まってきます。撮り鉄の場合、車で移動をし、そのまま車中泊することで費用を節約するパターンは少なくありません。こちらも、カメラを数台セットし、レンズも超高級タイプを使用し……とこだわり始めればきりはありませんが、お小遣いの範囲内で十分楽しめる趣味です。

     逆にある意味“天井知らず”なのは模型鉄でしょう。車両を集め始めれば際限なくお金は掛かりますし、ジオラマを作れば、やがては手狭になるもの。自宅に模型専用の部屋を作ったり、郊外に引っ越したり、自宅の庭に離れを作ったりすれば、数百万円のお金は簡単に出ていきます」(金子氏。以下同)

     月々数万円の出費なら、学生がバイトをしながら楽しめるレベルだが、数百万円となれば、かなりの経済力と決意が求められる。一方、お金をなるべくかけずに楽しむ方法もある。

    「時刻表で遊べば、お金はほとんどかかりません。鉄道紀行作家の第一人者である宮脇俊三は、時刻表を必ず発売日に買い、時には徹夜をしてまで“時刻表を読む”と述べていましたが、時刻表を開いて架空の旅のプランを練ったり、ミステリーのトリックに使えそうな乗り継ぎを探したり、面白い駅名を見つけたりと、楽しみ方は色々あります。地理に詳しくなり、地名にも精通すれば、社会生活でも役立つ場面はあるでしょう。

     ほぼお金がかからないのは“架空鉄”です。これは、現実には存在しない鉄道会社を妄想で作るもので、既存の路線図に“こんな鉄道もあったらなぁ”と、書き足す人、一から鉄道会社を作る人、そもそも実在しない地域に実在しない鉄道を走らせる人など、タイプは色々です。マニアックな趣味のようですが、鉄道好きで知られる女優の市川紗椰やお笑いコンビ『ダーリンハニー』の吉川正洋も架空鉄であると明かしています(吉川自身は「妄想鉄」と表現している)」

     架空鉄なら、お金がかかるのは紙と鉛筆代ぐらい。一口に鉄道ファンといってもそのジャンルは想像以上に幅広く、かかる費用も大違いのようだ。


    マネーポストweb 2019年11月10日 13:0
    https://www.moneypost.jp/598638/2/

    【【マネー】撮り鉄、乗り鉄、模型鉄… 鉄道趣味にお金はいくらかかるのか? 】の続きを読む

    1: 2019/10/28(月) 18:29:07.71 ID:8iGXL8mG9
    「和光市」という駅は、ふだんその駅を利用する機会のない都民にとって、実にナゾに満ちた駅である。何しろ、東京メトロ有楽町線や副都心線、さらには東急東横線などに乗っていれば行き先として頻繁に登場する。駅名から察するに、きっと和光市という街のターミナルなのであろう。けれどこれが想像の限界だ。和光市という地名からどんな街なのかを思い浮かべることは難しいし、そもそもどこにあるのかも判然としない。

     しかも和光市を終点とする電車が盛んにやってくるものだから、心の奥底で「和光市ってどんな駅なのだろう」と疑問を膨らませつつ、日々の通勤をやり過ごすことになるのである。

    新宿三丁目駅発、半分以上が「和光市」を目指す

     そんなわけで、そろそろ疑問を解消せねばならぬ。新宿三丁目駅から「和光市行き」の副都心線の電車に乗り込んだ。新宿三丁目駅から池袋方面に向かう副都心線の電車は、日中13時台を例にとると1時間に14本走っている。そのうち実に6本までが和光市駅を終点としている。さらに加えて2本、和光市駅を超えて森林公園駅を目指す急行電車。つまり、新宿三丁目駅を出る電車の半分以上が和光市駅を目指す。比較的利用者の少ない昼間でもこれだから、実に行きやすい便利な終着駅・和光市である。

     急行では21分、各駅停車では31分。地下を走り続けてようやく地上にひょこっと顔を出したところで和光市駅に着く。東京都からほんの少し埼玉県側の駅である。路線上は東京メトロ有楽町線・副都心線の終点の駅で、東武東上線では成増駅と朝霞駅に挟まれた途中駅。地下鉄から東武東上線に直通する電車は、この和光市駅から乗り入れてゆく。いっぽうで、「和光市行き」の電車はここで折り返して再び地下に潜る。駅としては東武と東京メトロの共同使用駅で、東武鉄道が管理している……と説明すれば正確だろうか。

    ガスト、ロイホ、ドトール……チェーン店が勢揃い

     そんな和光市駅の高架ホームから階段を降りて改札口を出ると、南北それぞれの出入口に通じる自由通路が出迎える。まずどちらに行くべきか少し迷ったが、南に向かう人の方が多いようなのできっと街の中心は“和光市駅南口”なのだろう。人の流れに乗ったまま、南口に出た。すると……なんとまあ、でっかい駅前広場である。地下には駐輪場があるようでそんな地下への入り口もあるし、バス乗り場にタクシー乗り場。目下駅ビルも工事中で、どうやらホテルまでできるらしい。

     大きな和光市駅前広場を取り囲んでいるのは商業ビルで、もう“ありとあらゆる”チェーン店が揃っている。コンビニはもちろんのこと、ガストにロイヤルホスト、ドトールコーヒー、オリジン弁当、レンタルビデオのゲオもあった。少し歩けばイトーヨーカドーがあってそこにもたくさんチェーン飲食店が入っているし、チェーン系の居酒屋も軒を連ねる。さらに、駅前の通り沿いにはビジネスホテルチェーン・東横イン。他にもスーパーホテルまであった。ここまでありとあらゆるものが一揃いある駅前というのは、いささか驚いたし、東京近郊の駅を思い浮かべても意外と珍しいのではないか。人通りは平日の昼間でも絶えることはないし、意外と言っては失礼かもしれないが、賑やかな駅なのであった。

     味のある個人経営の飲み屋さん、みたいなお店はあまり見当たらないようだが、それでも日々の暮らしを思えば充分すぎるし、池袋・新宿まで30分かからない利便性だってなかなかのもの。ビジネスホテルがあるので遠方からやってきたとて困ることはないし、終電で寝過ごしてやってきてしまっても大丈夫(タクシーを使ってもさほど懐が痛まない距離ではあるが)。「和光市駅」を勝手にナゾ扱いして日々疑問を膨らませていたことが、なんだか失礼に感じられるくらいに“すべてが揃った”街なのだ。和光市、侮ることなかれ。

     では、なぜ地下鉄の終着駅にして東武東上線の途中駅が、これほど“揃った”駅になったのか。駅の周辺を歩き回らずとも、駅前のバス乗り場の案内板を見ればすぐに答えはみつかった。和光市駅周辺には、官民問わず大規模な施設が集まっているのだ。

    10/28(月) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00015006-bunshun-soci

    no title

    【【謎の終着駅】「和光市」には何がある? 都心からわずか20分、寝過ごしても大丈夫? 】の続きを読む

    1: 2019/10/28(月) 18:57:48.39 ID:C8hBY1wR9
    武蔵小杉の「高級タワマン」台風19号で住民が味わった地獄

    2019年10月28日 10時15分
    ざっくり言うと

    ある住民は「台風後すぐに停電してしまい、まだ復旧していません」と語った

    トイレも使えず、便意のたびに47階から1階まで階段を上り下りするという


    武蔵小杉の「高級タワマン」で起きた悲劇…その全貌が見えてきた あの日、何が起きたか

    2019年10月28日 10時15分 現代ビジネス
    つい2週間前まで、誰もが憧れる高級タワマンだった。停電、断水、果てはマンション前に悪臭を放つ汚泥が溜まった。なぜこんな事態になったのか。発売中の『週刊現代』では、「人気の街」を襲った悲劇を徹底検証する。

    駅前が川のようになった
    「台風19号が上陸した10月12日の夜から停電してしまい、すぐにトイレも使えなくなりました。台風が通過した後、毎日朝5時すぎから業者がクレーンなどの重機を使って復旧作業をしています。

    各部屋の電気は徐々に使えるようになってきましたが、完全ではなく、共用部の電気は消えたまま。何より個々の部屋のトイレはまだ復旧していないのです」

    武蔵小杉のタワーマンション群〔PHOTO〕iStock

    そう話すのは、47階建ての高級タワーマンション「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」(以下、パークシティ武蔵小杉)に住む40代の女性だ。住民向けに携帯トイレが配布されたというが、使用している人は少ないようだ。

    この女性が続ける。

    「トイレが使えないこともあり、住民の中には近くのホテルや知り合いの家に泊まっている人たちも多いようです。

    夜になっても明かりが点かない部屋が多いのは、まだ停電している部屋があるのと、そういった理由で不在の部屋があるためです(左頁写真)。タワマンに住んで、まさか台風でこんな事態になるなんて、想像していませんでした」

    中略

    冠水した水が暴風で東へ西へと流される様子は、まるで突然街中に大きな川が現れたようだったという。さらなる本当の悲劇は台風通過後にやってきた。

    「台風翌日の13日のお昼頃には、水はずいぶん引きました。しかし、冠水したバスロータリーの辺りには大量の泥が溜まったままでした。周囲には汚泥の匂いが漂っていて、マスクをして歩く人の姿もありました」(川崎市市民自治財団事務局長の田澤彰氏)

    「分流式」か「合流式」か
    普段から大混雑で知られるJR武蔵小杉駅の横須賀線ホームでは、水没した影響で一部の改札が使えなくなり、券売機やエスカレーター、エレベーターなどが故障した。駅から南へ徒歩8分ほどの場所にあるマンションの住民が話す。

    「台風後すぐに停電してしまい、まだ復旧していません。ウチのマンションの1階にあるコンビニや銀行のATMも電気設備がやられてしまったようで、営業再開の目処は立っていないのです」

    中でも特に甚大な被害を受けたのが、冒頭のタワマン、パークシティ武蔵小杉だった。地下3階にある電気設備が浸水し、完全に故障してしまった。

    その結果、停電し、照明、エレベーターも停止。最上階の47階に住んでいる住民は、悲惨なことに、外出するためには一段一段、階段で上り下りするしかなくなってしまった。

    トイレが使用できなくなったのは、配電盤が壊れてポンプで水を汲み上げられなくなったからだ。便意を催すたびに47階から1階まで階段を上り下りする―。そんな地獄を、高級タワマンの住民は味わうことになったのだ。

    さらに、マンションの前には汚水を含んだ泥が大量に溜まり、悪臭を放った。一連の様子はテレビやネットを通じて全国に広まり、高級タワマンのイメージはガタガタに崩れることとなった。

    続きはソースで

    https://news.livedoor.com/article/detail/17296257/ 
    【【トイレは未だ復旧せず】「誰もが憧れるタワマンが…」武蔵小杉のタワマン住民が味わった地獄と屈辱 便意のたびに47階から階段で…】の続きを読む

    このページのトップヘ