生活

    image
    1: 2020/10/11(日) 22:53:20.27 ID:kQ3zKo5v9
     トイレや台所など水回りの故障を修理した際、業者から数十万円以上の高額な費用を請求されるトラブルが全国で相次いでいる。「保険が使える」などと言って強引に支払わせるケースもあり、被害者は「巧妙な手口で相手のペースに巻き込まれてしまった」と語る。愛知県ではトラブル急増を受け、弁護士有志が対策弁護団を結成。注意を呼びかけるとともに、損害賠償を求める訴訟の準備を進めている。(野崎達也)

    ■■見積書見せず作業

     「床に水があふれるなか混乱し、請求が高額でも断ることができなかった」

     愛知県内の50歳代女性は読売新聞の取材に応じ、そう振り返った。女性は8月中旬、洗濯機の排水管付近で漏水が起きたためインターネットで修理業者を検索し、上位に表示された修理業者の紹介サイトを利用。サイトには「出張・見積もり無料」「明確な金額を提示、追加料金一切なし」などと記載されていた。

     ところが、訪れた同県豊橋市の業者2人に見積書を見せるよう求めても「今、作ってます」などと言って具体的な説明はないまま、業者はいきなり床板を切断し、排水管の交換などの作業を始めたという。終了後、見せられた工事請負契約書には約65万円の請求額が記載され、女性は「血の気が引いた」。

     業者は「クレジットカード払いなら、料金は80万円を超える」「料金は火災保険で返ってくる」などとまくし立て、現金払いを促した。女性は家の修繕用にためていたタンス預金を全て支払いに充てたという。

     後日、女性が別の業者に問い合わせると、同種の工事は多く見積もっても7万円程度と判明。保険会社への問い合わせでは、排水管工事なら契約している保険の適用が難しいこともわかった。修理業者やサイトの運営会社に電話しても、「見積書がなくても工事はできる」などとして返金には応じてくれなかった。

     この修理業者は取材に応じず、サイト運営会社は取材に「ノーコメント」とだけ回答した。国民生活センターは「保険適用は業者が判断することではない。作業内容や料金に納得できない場合は、その場での支払いを断ってほしい」と呼びかけている。

     同センターによると、全国の消費生活センターなどに寄せられたトラブル相談のうち、トイレの修理関連は2013年度の550件から19年度は1157件と倍増。その他の水回りについても、13年度の398件が19年度には1・4倍の559件に増えている。

    以下全文 読売新聞

    https://news.yahoo.co.jp/articles/daff73237bbb4f114d5bfb3f9c1b3e852bf636e3

    【【注意】7万円の工事が「65万円」、水回り修理で高額請求トラブル相次ぐ】の続きを読む

    image
    1: 2020/09/14(月) 03:55:00.04 ID:kbf6wkvR9
     新型コロナの影響で続く自粛生活。ここまで長くなってくると、次第にラーメンをはじめとした外食の味が恋しくなってくる。デリバリーやテイクアウトで楽しむ人も多いのでは。

     しかしそのちょっとした食習慣が、あなたの脳を蝕んでいるとしたら――9月に新刊『認知症になりたくなければラーメンをやめなさい』を発売予定の心療内科医・姫野友美氏に、意外な「脳が老化する習慣」を教えてもらった。

    認知症リスクは40代から始まっている
     「65歳の7人に1人が認知症を発症している」という事実をご存じだろうか。誰しも、年齢を重ねても寝たきりや認知症にならずに、見た目も頭(脳)も若さを保って元気なままでいたいと思うもの。しかし高齢になるほど、元気な人とそうでない人に違いがでてくる。これは生活習慣の差によるものが大きく関係してくる。

     じつはこの認知症、脳の萎縮は20年前から始まっていると言われている。65歳で認知症になる人はその20年前、45歳から始まっているのである。つまり40歳を過ぎたら、生活習慣を見直さなければ認知症まっしぐらなのだ。

     いくつになっても、体と脳と心を整えておくこと、その方法を知っているかどうか、実践できているかどうかが、この先「人生100年時代」を楽しく過ごすための命運を左右するといっても過言ではない。

     脳の老化をできるだけ避けるには、なにも珍しい食材を取り寄せたり、特別な運動をしたりする必要はない。毎日の生活でついやっていた「よくない習慣」を変えていけばよいのだ。今日からでも変えられる、ついやりがちな認知症リスクのある習慣の中からいくつかを紹介しよう。

    認知症は食事からやってくる 
     新刊『認知症になりたくなければラーメンをやめなさい』のタイトルにも入っている、ラーメンは、なぜやめたほうがいいのか? 
     「塩分が多いから!」と思った方、残念ながらはずれである。確かに塩分の摂り過ぎは高血圧を招いて、脳血管疾患から認知症というリスクにつながっているが、たとえ塩辛いスープを残したとしても、ラーメンを食べ続ければ認知症のリスクは消えてくれない。

     これはラーメンだけではない。うどん、パスタ、パン、カレーライス、天丼など、働き盛りが毎日食べていそうな糖質多めの食事はどれも当てはまる。

     麺類、パン、米飯などの糖質に偏った食事、加工食品の中にこっそり入っている油や糖質、添加物、そして身の回りにある環境汚染物質など、脳の老化を促進する物質は私たちの周囲に満ち溢れている。

     これらの物質が知らず知らずのうちに私たちの体をむしばみ、病気のきっかけを作り悪化させていくのだ。病気のきっかけを作るのも、知らずに悪化させるのも、自分の食べ方で決まっていたのである。

     糖質を食べ過ぎないことは、認知症防止の大切な一歩である。ほかにも体を酸化から守る栄養素を意識して食べる、脳や臓器の大切な機能を邪魔する有害物質を入れずできるだけ体内から出す、など食事に関する脳の老化の影響は大きい。

    続きはソース元にて
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6edb834d7865c8a1a77094c6e4f87f3055f3de7c

    【【糖質】心療内科医が提言「認知症になりたくなければ、ラーメンをやめなさい」】の続きを読む

    1: 2020/09/05(土) 16:58:06.16 ID:Onsm1Thn9
    https://www.j-cast.com/2020/09/04393601.html

    2020年9月6日から7日にかけて特別警報級の勢力で奄美・九州地方に上陸するおそれがあると
    報じられている台風10号だが、ネット上では養生テープが店頭から売り切れていると話題になっている。

    no title


    2019年の台風19号でも品薄に

    養生テープを窓ガラスに貼ることで割れた破片の飛散を防ぐことができる、といった情報がネット上で拡散され、
    養生テープに品薄が生じる――こうした現象は、2019年10月に台風19号が発生した際にもみられた。

    そして今回、大きな被害をもたらした台風9号に続いて接近している台風10号は記録的な大雨や暴風が見込まれている。
    これに際し、気象庁は4日に国土交通省と合同で臨時記者会見を開き、「きょう中に台風の備えを」終えるように呼びかけた。

    これを受けてか、4日の14時ごろから「養生テープ」というワードが国内のツイッタートレンドで上位入り。
    ツイートを見ていくと、養生テープが売り切れているとのツイートが多くみられるようになっている。

    本当に19年のように売り切れが生じているのか、J-CASTニュースは4日午後、九州各地のホームセンターに取材を行った。
    福岡市のホームセンター1店、熊本市のホームセンター1店、そして鹿児島市のホームセンター1社に養生テープの在庫について
    確認したところ、いずれも売り切れとのことだ。

    また、フリーマーケットアプリ「メルカリ」では養生テープの出品が増えているようだ。4日に「養生テープ」と検索を行い、
    新しい順に結果を並べると、2日以前ではそもそも養生テープの出品自体があまり見られない。
    ところが、3日ごろから増え始め、4日中に出品されたものでは100件以上を確認することができた。

    この状況に、ツイッターでは「近所の大きめのホームセンターだけど、養生テープとかはすでに全滅だった」
    「養生テープもガムテープもどこも売ってない」「不用品売ってるような人達がいきなり養生テープの転売屋になってる」
    といった声がみられる。


    【【買い占め?】台風10号の影響で養生テープ売り切れ。メルカリで転売も】の続きを読む

    1: 2020/08/21(金) 23:58:56.03 ID:JTUzZJAE9
    21日夜、「火球のようなものが夜空を流れていくのを目撃した」との情報が、ツイッターなどインターネット上に相次いで投稿されました。

     この映像は、午後10時半ごろ、横浜市神奈川区で撮影されたもので、画面中央の上部からやや左下の方向に光を放つ白い小さな玉が落下していく様子が見てとれます。

    全文はソース元で
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4058931.html
    no title

    【【画像】上空に火球か?目撃情報相次ぐ】の続きを読む

    1: 2020/07/17(金) 03:52:18.26 ID:YAIqY5Vr9
    ついに、マスクが色とりどりに光るようになった。

    通信関連機器の輸出販売を手掛けるタカインターナショナル(東京都世田谷区)は、「七色に輝く光るマスク~レインボーマスク~」を2020年7月15日に販売サイトで発売した。マスク内部にLEDが内蔵されており、スイッチを入れるとカラフルに発光する。

    ■ 一般的マスクと同じ素材で普段も使える

    マスクは3層構造で、外側にナイロン、真ん中にサテン、内側にコットン素材が使われている。ナイロン部分にシート状の光ファイバーが仕込まれており、付属のスイッチを入れると光る仕組みだ。

    タカインターナショナルの担当者に取材すると、マスクは小さいサイズが40グラム、大きいサイズでも45グラムと軽く、着用時に負担がかかることはないと説明した。クラブ、ライブ、パーティーなどの場面での着用を想定しているが、「サテンなど一般的なマスクにも使われている素材を使用しているため、普段使うことはできます」。

    マスク内にスイッチを収納するポケットが付いている。スイッチをオンにしなければ、見た目は一般的なマスクと変わらない。

    手で洗って繰り返し使用できるが、LED内蔵のため扱いには要注意だ。

    ■ 業者向けに600セット販売、SNSで話題に

    一般向けには7月15日発売だったが、6月頃からクラブなどの施設を中心に直接販売していたという。こうした業者に向けて600セットほど売り上げた。SNSなどで商品が取り上げられるなど、次第にその存在が知られるようになり、今では100セット単位で事業者から注文が入っていると話した。

    一般向けの販売開始から間もないが、担当者は「街中やクラブ、パーティーなどで着用していただき、目立ってもらえれば」と話した。

    マスク本体のカラーは、ホワイト、ブラック、レッドの3色展開。いずれもレッド、グリーン、ブルー、イエロー、ライトブルー、パープル、ホワイトの7色に光る。

    サイズは大、小の2種。フル充電で約8時間発光が持続。

    バッテリー付きのマスク本体と、充電ケーブル(MicroUSB)が付属で、価格は2530円(税込)。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18584184/

    写真:スイッチを入れると発光する「七色に輝く光るマスク~レインボーマスク~」
    no title

    【【画像】「レインボーに光るマスク」 夜でも目立つLED内蔵、スイッチ入れると発色】の続きを読む

    このページのトップヘ