生活

    1: 2019/05/21(火) 19:09:41.60 ID:xmcYwmfG9
    no title


    2019年秋に発表が期待されるiPhone XI(iPhone11)について、新たなコンセプトイメージが登場しました。一部ユーザーの間で期待されていた、ベゼルレスデザインを実現しているのが特徴です。

    ■側面にショートカットメニュー

    数々のコンセプトイメージで知られるConceptsiPhoneが新たに公開したのは、今秋の登場が期待されるiPhone XIのコンセプト動画です。

    このコンセプトイメージの肝はなんと言っても、筐体を覆うようにデザインされたディスプレイでしょう。「フルエッジディスプレイ」と名付けられたこのディスプレイは、iPhoneの左右側面に設けられたディスプレイにショートカットメニューを設定することが可能です。物理ボタンは見当たりません。

    no title


    それぞれの側面はショートカットメニューとボリュームボタンに割り当てられています。ちなみに、すでに似たようなデザインのスマートフォンとして、SamsungのGalaxy Edgeシリーズが存在します。

    no title


    背面にはクアッドカメラが採用されています。

    no title


    先鋭的なコンセプトイメージとは裏腹に、2019年のiPhoneはノッチを含めてデザインに大きな変更はなく、iPhone XI/XI Maxがトリプルカメラ、iPhone XRがデュアルカメラになると考えられています。本格的なデザイン変更は2020年とされているだけに、同じくConceptsiPhoneが公開している「2020年版のiPhone」の実現にも期待がかかります。

    【動画】iPhone 11 - Innovative Display
    https://www.youtube.com/watch?v=EWNcR8Iq_n0



    2019年5月21日 17時7分
    iPhone Mania
    http://news.livedoor.com/article/detail/16493533/

    【【賛否 】”新型iphone”「iPhone XI」のコンセプトイメージ登場 ベゼルレスデザイン、側面ショートカット(画像複数) 】の続きを読む

    1: 2019/05/15(水) 10:33:13.54 ID:/395WQgM9
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6323440

    サッカーのスポーツ振興くじを運営する日本スポーツ振興センター(JSC)は14日、1口300円の「BIG(ビッグ)」について、
    キャリーオーバーと呼ばれる繰越金が発生した場合の1等当せん金の最高額を現行の10億円から12億円へ引き上げる方針を固めた。
    15日にスポーツ庁のスポーツ審議会総会に諮り、今年度中に実施する。日本国内では宝くじを含めても、史上最高の当せん金額となる。

    ビッグは、コンピューターが無作為に予想した日本のプロサッカーのJ1、J2、Jリーグがオフシーズン期間の海外サッカーの計14試合の結果を買うくじ。
    上限引き上げの対象となるのは「特別回」で、平成30年度は2回実施された。関連法ではキャリーオーバー時の上限は15億円と定められている。

    サッカーくじは購入者が試合結果の予想を選択する「toto(トト)」が13年度に発売を開始。ビッグが導入された19年度からは売り上げが急増し、
    25~29年度までは5年連続で1000億円を超えたが、30年度は「宝くじを含めた市場全体の縮小傾向」(JSC)などが影響し、948億円に落ち込んだ。
    当せん金の上限を12億円へと引き上げることで売り上げの回復が期待される。

    takarakuji
    【【高額当選の夢広がる?】サッカーくじ「BIG」上限額を12億円に引き上げ。日本国内では宝くじを含めても、史上最高の当せん金額に 】の続きを読む

    1: 2019/05/14(火) 23:39:40.06 ID:X5pTbB6n9
    ◆ 鳥取県の「猫の焼き芋屋さん」がすごいモフモフ! 2足歩行で接客する姿に「私も会いたい」「かわいい」の声
     ~ こんな三毛猫さん見つけたら驚いてからテンション上がるのは間違いない。

    鳥取県で猫が焼き芋を売る「猫の焼き芋屋さん」が目撃され、Twitterなどで大きく注目を集めています。
    猫の名前は「山田 三毛猫」さん(以下、ミケさん)。
    2足歩行で接客する姿が、まるで絵本の世界のようなファンタジー感……!

    猫さんが焼きいも屋さん……!?
    no title


    倉吉市内で活動しており、主に「白壁土蔵群」の周辺で焼き芋を販売しているミケさん。
    人間サイズの大きさですが、リアルなモフモフ感や愛嬌のあるお顔がかわいらしく、本当に「猫が接客してる」と信じさせてくれるビジュアルがステキです。
    しゃべると口もちゃんと動いており、くりくりのお目々もチャーミング!

    一瞬、本物の猫さんと思ってしまうほどモフモフです
    no title


    Twitterでは偶然見かけた人から「令和イチテンションあがった」の声が上がり、多くのリツイートとともに「私も会いたい」「かわいい」と話題に。
    中には「この猫の為だけに鳥取行きたくなった」という声も上がるほどの人気となっています。

    焼きいも屋さんのクルマ
    no title

    黄色い見た目が三毛猫さんにマッチしていてかわいいです
    no title

    自撮りなミケさん
    no title


    ミケさんとしての活動は2012年のブログ開設から始まり、最初はラーメン屋台を始めるための資金集めとして焼きいも屋さんをスタート。
    自身で屋台を作り、いろいろ改装していく様子などを投稿し、そして手縫いで作った“猫マスク”を最初から着用して営業を行っていました。

    そこから準備期間を経て、夏にラーメンの屋台をひくようになったり、2014年にはお昼のみ営業のラーメン屋さん「山田三毛猫商店 ミケや本店」をオープン。
    現在はラーメン屋・屋台ともに休業中で、Twitter(@ZeroZero93)やFacebookで焼きいも屋さんの営業日や場所・時間の告知を行っています。

    もう6年半近く“猫”として活動しているミケさん。
    かわいくするための試行錯誤の様子もブログで見られますが、現在のリアル猫な姿を見てもわかるように、その技術と情熱はかなりのもので、細かい部分にこだわって作られているのがわかります。

    なお、ミケさんは「着ぐるみ」のオーダーも受け付けていて、大体の価格は頭が6万円、手は1万~2万円、足は2万、尻尾は1万、ボディは15万円、全身セットは25万円くらいとのこと。
    猫以外にも犬なども可能とのことです。

    いろいろとユニークで驚くような活動をしているミケさん。
    今のところ実際に会えるのは鳥取県倉吉市周辺だけで、タイミングが合わないと出会えませんが、そんなレアな存在の猫だけに、もし出会えることができたら何か幸運を呼んでくれるかもしれません。

    ※記事を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい。

    ねとらぼ 2019年05月14日 11時40分
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/14/news080.html

    【【画像多数】「猫の焼き芋屋さん」がすごいモフモフ!2足歩行で接客する姿に「私も会いたい」「かわいい」の声 】の続きを読む

    no title
    1: 2019/04/28(日) 02:34:30.88 ID:PahBugtV9
    この地震による津波の心配はありません。
    発生時刻 2019年4月28日 2時25分ごろ
    震源地 十勝地方南部
    最大震度 4
    マグニチュード 5.6
    深さ 110km
    緯度/経度 北緯42.5度/東経142.9度

    各地の震度
    震度4
    【北海道】
    美唄市 千歳市 厚真町 安平町 むかわ町 平取町 浦幌町
    震度3
    【北海道】
    札幌北区 札幌東区 札幌白石区 札幌厚別区 札幌手稲区 札幌清田区 函館市 小樽市 釧路市 帯広市 岩見沢市 苫小牧市 江別市 三笠市 恵庭市 北広島市 当別町 新篠津村 赤井川村 南幌町 由仁町 長沼町 栗山町 中富良野町 日高地方日高町 新冠町 浦河町 様似町 新ひだか町 音更町 鹿追町 新得町 十勝清水町 芽室町 更別村 十勝大樹町 広尾町 幕別町 十勝池田町 豊頃町 本別町 足寄町 白糠町 別海町
    【青森県】
    東通村 階上町

    https://emergency-weather.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/

    【【地震速報】北海道美唄市、千歳市、札幌市などで震度4 震源地は十勝地方南部 】の続きを読む

    1: 2019/04/26(金) 19:33:51.97 ID:UQwgfu9g9
    「超音波で害虫駆除」に根拠なし 静岡の通販会社が違反

     消費者庁は26日、「超音波でゴキブリなどの害虫を駆除できる」と
    宣伝する電気製品に合理的根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に
    当たるとして、静岡市の通信販売会社「BLI」に再発防止などを求める
    措置命令を出した。

     同庁表示対策課によると、同社は2017~18年、コンセントに差し込んで
    使う中国製の電気製品「RIDDEX PLUS(リデックス プラス)」を2700円で
    販売。弱っているゴキブリのイラストとともに「部屋からゴキブリ消える!」
    などと通販サイトで宣伝していた。

     消費者庁の求めを受け同社が提出した資料に、科学的な根拠が
    示されなかった。


    一般社団法人共同通信社(2019/4/26 18:15)
    https://this.kiji.is/494430944377472097?c=39546741839462401

    BLIが販売していた「RIDDEX PLUS」
    no title

    【【対G兵器として戦力外】RIDDEX PLUS”超音波でゴキブリなどの害虫駆除”に根拠なし、優良誤認に当たるとして販売会社のBLIに措置命令】の続きを読む

    このページのトップヘ