経済

    1: 2019/09/12(木) 19:09:29.26 ID:OGnVV8Bk9
    孫正義氏が暴露、前澤氏は剛力との人生重視して辞任
    9/12(木) 18:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-09120723-nksports-soci
    no title


    ヤフーによるZOZOとの資本提携に関して会見した、ZOZOの前代表・前澤友作氏(撮影・酒井清司)
    ZOZOの社長を12日に辞任した、創業者の前澤友作氏(43)が同日、都内でYahoo! との資本業務提携契約について会見を開き、席上にYahoo! の親会社のソフトバンクグループの孫正義会長(63)を招いた。

    孫会長は、前澤氏から「新しい人生を、もう1度過ごしたい。月に行く。ZOZO社長は引退して、新しい人生を過ごしたい」と相談を受けたことが、今回の両社の資本業務提携契約に至ったスタートだったと明かした。

    孫会長は、前澤氏とは友人であることを強調した上で「じゃあ、Yahoo! とZOZOで提携してやってみるかね、という話をしたら、『ぜひ、それが良い』ということで一緒になって力を合わせ、第二の飛躍をするようやっていきたい、という形で」と提携の基本的なたたき台が2人の会話の中で生まれたと明かした。

    孫会長は、その上で「『(月に行く)訓練もしないといけないし、彼女とも楽しく生きたいと』。うらやましい限り」と前澤氏が相談した際の言葉を紹介。前澤氏が月旅行と、交際中の女優剛力彩芽(27)とともに生きていく今後の人生を重視していることも、ZOZO社長辞任の大きな理由だと“暴露”した。その上で「僕も彼も創業者だけど、生き方が格好良い。結局、彼はロッカー」と、バンド「Switch Style」を結成し、ドラムを担当していた前澤氏の生き方をたたえた。

    前澤氏は「月にお誘いしたら即答で行かないとおっしゃった」と孫氏を月旅行に誘ったものの断られたと明かした。孫氏は「怖いもん。ちゃんと帰ってきてよ」と笑いながら語った。【村上幸将】

    【【ZOZO】孫会長「生き方が格好良い。結局、彼はロッカー」 前澤氏退任について称える】の続きを読む

    IMG_2144

    1: 2019/09/03(火) 06:45:23.20 ID:jy8X+7ek9
    消費税率の引き上げが来月に迫る中、軽減税率の導入による10%と8%の2つの税率にどう対応するか外食各社の価格戦略が分かれています。牛丼チェーン最大手の「すき家」は、消費税率が上がることになる「店内飲食」の牛丼の並盛りについて、本体価格を値下げし、税込みの価格では持ち帰った場合と同じにする方針を固めました。

    来月からの消費税率の引き上げで、「店内飲食」の場合は税率が10%になりますが、「持ち帰り」の食品や飲料には8%の軽減税率が適用されます。

    関係者によりますと、国内で1900余りの店舗を展開する牛丼チェーン最大手の「すき家」は、主力商品の牛丼の並盛りについて来月以降「店内飲食」の場合、本体価格の325円を6円値下げして319円にします。

    これによって、10%の消費税を加えても税込み価格を350円と今の価格のままに据え置くとともに、「持ち帰り」の場合の税込み価格とも同じにする方針です。

    会社としては消費者の節約志向は根強いとみていて、主力商品の実質的な値下げで顧客をつなぎ止めるねらいがあります。

    これによって牛丼並盛りの本体価格は、2つの価格が存在することになりますが、政府によりますと、価格設定は事業者に任せられていて、「店内飲食」の本体価格を低く設定することに問題はないとしています。

    ほかの牛丼チェーンでは、「吉野家」が本体価格を据え置くため、店内飲食と持ち帰りとで税込み価格が別になるほか、「松屋」は店内飲食と持ち帰りで税込み価格を同じにする方針ですが、価格は依然検討していて、各社で方針が分かれています。

    店内飲食と持ち帰り価格各社対応分かれる
    店内飲食と持ち帰り、それぞれの場合に消費者が実際に支払う税込みの価格を同じにするか、別々にするか。来月1日の消費税率の引き上げに向けて外食各社の対応は分かれています。

    ファストフードでは「ケンタッキーフライドチキン」は主力商品を、「フレッシュネスバーガー」は、すべての商品を店内で飲食する場合の本体価格を値下げ。税込み価格を今と同じに据え置きます。それによって店内飲食と持ち帰りの税込み価格を統一します。

    一方、「モスバーガー」は、すべての商品について本体価格を今と同じに据え置きます。店内飲食と持ち帰りで税込み価格に差をつける方針です。

    ファミリーレストランでは、「サイゼリヤ」が、店内飲食の本体価格を値下げ。税込み価格を据え置いて持ち帰りと統一します。

    「ガスト」や「バーミヤン」は本体価格を据え置き、店内飲食と持ち帰りで税込み価格は別々になります。

    「マクドナルド」や「ロイヤルホスト」は価格設定を依然、検討中だとしています。

    消費者の根強い節約志向が続く中、商品の価格設定は売り上げを大きく左右するだけに、各社にとっては重要な経営判断です。

    消費税率引き上げのぎりぎりまで対応を検討する会社もあり、価格設定しだいでは客離れを引き起こしかねないという危機感の表れとも言えます。
    「同一税込み価格可能」
    政府は、軽減税率の導入で店内で飲食する場合は10%、持ち帰る場合は8%と税率が違うため、飲食店や小売店が価格の設定や表示をどのようにすればいいのか、具体例を示しています。

    まず価格の設定は店側が自由に決めてよいとしています。店内飲食でも持ち帰りでも商品が同じならば税抜きの本体価格は、通常は同じになります。税率がそれぞれ違うため、税込みの価格は変わります。

    ただ、店内飲食と持ち帰りの本体価格に差を付けて、税込み価格が同じになるように設定することも可能になります。

    具体的には、同じハンバーガーでも税率が10%の店内飲食の本体価格を100円、税率が8%の持ち帰りの本体価格を102円とすれば、税込み価格はいずれも110円になります。

    この場合、店側は、客に対して本体価格は表示せず、店内飲食、持ち帰りどちらも税込み価格の110円を表示するだけで済ませることが可能になります。

    ただ、店内飲食より持ち帰りの本体価格を高くする場合には、箸や持ち帰り用の容器などのコストが余分にかかることや店頭での支払時の混乱を避けるためといった理由を消費者に分かりやすく説明できるようにすることが必要だとしています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190903/k10012060861000.html

    【【軽減税率】すき家の牛丼並盛り「店内飲食」と「持ち帰り」税込み価格統一へ】の続きを読む

    IMG_1965

    1: 2019/08/28(水) 07:56:46.53 ID:TWe4l//D9
    8/28(水) 6:30配信
    朝日新聞デジタル

     KDDI(au)は、2年契約のプランで途中解約する際の違約金を1千円とする方針を固めた。28日に発表する。10月から携帯電話料金の仕組みが変わるのに対応する。携帯大手3社で違約金の引き下げを表明するのは初めて。

     途中解約の違約金はこれまで上限が9500円だったが、総務省は利用者が乗り換えをしやすくするため上限を1千円にするルールを制定。通信料金を条件に端末代金を大幅に割り引く「セット販売」を禁止する改正電気通信事業法が10月1日に施行されるのに合わせて導入する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-00000003-asahi-bus_all

    【【乗り換えのチャンス】auが解約違約金1千円に 10月からの新ルールに対応】の続きを読む

    net_shopping_pc
    1: 2019/08/27(火) 18:56:38.91 ID:fZIJJU3W9
    【楽天市場】3980円以上の商品をすべて送料無料にするよう通達
    ストーリー by hylom 2019年08月27日 18時32分AmazonはAmazonで問題もあるわけで 部門より
    Anonymous Coward曰く、

    楽天市場が、購入額が合計3980円以上の注文について、すべて送料無料にするよう通達した(読売新聞)。競合であるAmazon.co.jpに対抗する動きとされているが、送料は各店舗が負担する形になるため、店舗側からは利益を確保するための値上げもやむを得ないとの声も出ている。(Togetterまとめ)。

    問題点として、楽天市場のシステムでは「地域別の発送可否」を設定することができず、離島含めてすべて送料無料になってしまうことも挙げられている。購入者が沖縄などであったら、多くのケースで店舗利益は消失することになるだろう。

    なお、この問題を解決する現実的方法が一つある。それはAmazonのFBAマルチチャネルサービスを使うことだ。FBAに納品すれば離島も含めて全国送料一律となるのだから。店舗救済の手はAmazonから差し伸べられた。

    https://it.srad.jp/story/19/08/27/187232/

    【【送料問題】楽天市場、3980円以上の商品をすべて送料無料にするよう通達 】の続きを読む

    1: 2019/08/11(日) 23:05:28.24 ID:jy6r/okI9
    ■コカ・コーラが売れない! 567億円の赤字に転落へ

    コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスは2019年8月7日に中間決算を発表しました。

    売上げの低迷によって、最終的な損益が567億円の赤字になるそうです。

    要因としては大型ペットボトルの値上げで売上げが落ち込んだとのこと。

    2019/08/11
    https://virates.com/society/25455581
    ---------
    ■コカ・コーラ 売り上げ低迷で600億円余損失計上 赤字見通しに

    大手清涼飲料メーカーのコカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスは、売り上げの低迷などで事業の見通しが悪化したとして、600億円余りの損失を計上し、ことし12月期の決算で、最終的な損益が567億円の赤字に転落する見通しを明らかにしました。

    コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスは、おととし4月、清涼飲料の製造・販売を手がける2社が経営統合して誕生した会社です。

    7日に発表した、ことし1月から6月までの中間決算によりますと、大型ペットボトル飲料の値上げなどで清涼飲料の販売が落ち込み、売り上げが4337億円と、前の年の同じ時期に比べて3.2%減少しました。

    また、売り上げの低迷などで事業の見通しが悪化し、経営統合時に見込んだ成果が得られないとして、618億円の損失を計上しました。

    コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスは、ことし12月までの1年間の業績について、これまでグループ全体の最終的な利益が52億円の黒字になると見込んでいましたが、業績予想を下方修正し、567億円の赤字に転落する見通しになりました。

    2019年8月8日 0時37分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190808/k10012026931000.html
    no title




    【【最大手が赤字】コカ・コーラが売れない!567億円の赤字に転落へ】の続きを読む

    このページのトップヘ