音楽

    1: 湛然 ★ 2018/02/19(月) 20:09:38.11 ID:CAP_USER9
    2018/02/19

    ギブソン、倒産する可能性があることが報じられる

    有名ギター・メーカーのギブソンが倒産する可能性があると報じられている。

    レス・ポールやSGといった有名ギターを製造しているギブソンはジミー・ペイジやスラッシュ、カルロス・サンタナなど、数々のギタリストに愛されているメーカーとなっている。ギブソンは100年以上前の1902年の創業となっている。

    しかし、そのギブソンについて『ナッシュヴィル・ポスト』は次のように報じている。「年間10億ドル(約1060億円)以上の収入のある、ナッシュヴィル拠点のこの楽器メーカーが直面している状況は正常とはかけ離れています。CFOのビル・ローレンスは1年を経たずして会社を離れており、6ヶ月後には3億7500万ドル(約400億円)の担保付き上位債が支払期日を迎えます。それに加え、2013年に借りたこの債権が7月23日までに解消されない場合、さらに1億4500万ドル(約155億円)の銀行ローンも支払期日を迎えるのです」

    報道を受けて、ギブソンのCEOであるヘンリー・ジャスキヴィッツは『ナッシュヴィル・ビジネス・ジャーナル』に自身の計画を次のように述べている。「株や不動産といった資産、期待するほどの成功を収めていない事業を我々はマネタイズしてきています。これらの資産のマネタイズによって我々は負債を減らし、活況な事業に充てるための資金を生み出すことができます。我々の事業にとって重要なのは財政的な成功に舞い戻ることです。我々の資金繰りにおいて最高の条件を達成しなければなりません」

    ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュは昨年、ギブソンの初代グローバル・ブランド・アンバサダーに就任することが決定している。

    スラッシュは今後エピフォンやギブソン、ギブソン・カスタムといったブランドで新シリーズを開発していくことになるという。


    Photo: GETTY
    no title

    https://nme-jp.com/news/50466/

    【【音楽】ギブソン、倒産する可能性があることが報じられる 数々の有名ギタリストが愛用 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/01/26(金) 22:41:09.62 ID:CAP_USER9
    JASRAC、“生演奏”の飲食店を提訴 「違法に利用」
    1/26(金) 17:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000085-zdn_n-sci
    no title

    (写真:ITmedia NEWS)

     日本音楽著作権協会(JASRAC)は1月26日、JASRACが著作権を管理する音楽著作物を、利用許諾契約なく生演奏で違法に利用しているとして、都内の飲食店に対し、管理著作物の使用禁止(差し止め)と損害賠償を求めて提訴した。

     JASRACによれば、飲食店「Wine Bar Climat」(東京都港区)は、2002年11月の開業以来、繰り返しの説明にもかかわらず、ピアノとボーカルなどの生演奏で管理著作物を無許諾利用していたという。

     JASRACは「多くの社交場の経営者が当協会と利用許諾契約を締結して適法に管理著作物を利用している」「公平性の観点から提訴に至った」と説明。
    同店を経営するウォールナッツ(港区)に対し、17年1月に無許諾利用の解消と使用料相当額の清算を求める民事調停を東京簡易裁判所に申し立てたところ、同社が精算を拒み不成立に。
    その後も許諾を得ないまま著作権侵害を継続したため、提訴に至ったとしている。

    【【またJASRAC】日本音楽著作権協会、“生演奏”の飲食店を提訴「違法に利用」 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/01/11(木) 22:31:06.65 ID:CAP_USER9
    2018.1.11 木曜日

    HR/HM入手困難盤65点が国内盤で1000円の価格で再発されることに

    廃盤や製造中止、限定盤完売など入手困難だったユニバーサルミュージックのハード・ロック/ヘヴィ・メタルの65タイトルが国内盤で1000円の価格で再発されることが決定している。

    65タイトルは3月14日に一斉リリースとなる。

    65タイトルは以下の通り。

    1. エアロスミス『ダン・ウィズ・ミラーズ』
    2. L.A. GUNS『砲』
    3. エクストリーム『ウェイティング・フォー・ザ・パンチライン』
    4. シンデレラ『スティル・クライミング』
    5. ダイアモンド・ヘッド『偽りの時』
    6. テスラ『ザ・グレイト・レディオ・コントラヴァーシー』
    7. ドン・ドッケン『アップ・フロム・ジ・アッシェズ』
    8. マイケル・モンロー『ノット・フェイキン・イット』
    9. ヘイガー、ショーン、アーロンソン、シュリーヴ『炎の饗宴』
    10. Y&T『イン・ロック・ウィ・トラスト+1』
    11. Y&T『オープン・ファイアー』
    12. Y&T『コンティジャス』
    13. サミー・ヘイガー『スタンディング・ハンプトン』
    14. サミー・ヘイガー『スリー・ロック・ボックス』
    15. サミー・ヘイガー『VOA (ヴォイス・オブ・アメリカ)』
    16. サミー・ヘイガー『ヘイガー・USA』
    17. マノウォー『バトル・ヒムズ』
    18. マノウォー『サイン・オブ・ザ・ハンマー』
    19. マノウォー『ラウダー・ザン・ヘル』
    20. アーマード・セイント『デリリアス・ノマッド』
    21. アーマード・セイント『レイジング・フィアー』
    22. ヴァレンシア『ガイア』
    23. ヴァレンシア『K.O.S.M.O.S.~遥かGAIA(地球)を離れて…ヴァレンシア2』
    24. ヴィクセン『レヴ・イット・アップ』
    25. ヴォイヴォド『ナッシングフェイス』
    26. ヴォイヴォド『エンジェル・ラット』
    27. ヴォイヴォド『ジ・アウター・リミッツ』
    28. MD45『クレイヴィング』
    29. キング・コブラ『レディ・トゥ・ストライク』
    30. キング・コブラ『街角のスリル』
    31. キングダム・カム『キングダム・カム』
    32. キングダム・カム『イン・ユア・フェイス』
    33. キングダム・カム『ハンズ・オブ・タイム』
    34. クォーツ (Rock)『スタンド・アップ・アンド・ファイト』
    35. サウンドガーデン『ラウダー・ザン・ラヴ』
    36. サウンドガーデン『バッドモーターフィンガー』
    37. サウンドガーデン『スーパーアンノウン』

    >>2以降につづく)


    Photo: PRESS
    no title

    https://nme-jp.com/news/48500/

    【【音楽】HR/HM入手困難盤65点が国内盤で1000円の価格で再発されることに 】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/11(月) 19:48:56.31 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00000007-jct-ent

     4人組ロックバンドのGLAYが、結婚式でGLAYの曲の使用を無償で提供すると2017年12月10日に公式ホームページで発表した。

     ネット上ではこれに「神対応」といった声も出たほか、「完全無償」でないことからトラブルを心配する声も出ている。

    ■「結婚式という人生の素晴らしい舞台で自分達の曲を使用してもらえる」

     GLAYの公式ホームページの発表によると、これまでGLAYの曲を結婚式で使いたいという問い合わせを多く受けていたとし、

      「結婚式という人生の素晴らしい舞台で自分達の曲を使用してもらえる事は大変喜ばしいことであり、それであれば自分達は無償提供したい」

    というメンバーの思いから、結婚式における楽曲の著作隣接権について無償で提供を行うこととした、としている。著作隣接権とは、作品を作った人ではなく、その作品を伝える歌手やレコード製作者といった人が持つ権利にあたる。

     対象となるのは公式ホームページの「SONG LIST」にある曲のうち、著作権管理団体区分の表記がされているもののみで、カバー曲などは除外されている。

     GLAYの発表については、ネット上では好意的に見る向きが多く、

      「GLAYやっぱすげぇな」
      「素晴らしい神対応ありがとうございます」
      「素敵です!本当にGLAYさん最高です」
      「もともと使わせて頂こうと思っていたので来年の結婚式にはたくさんGLAYさん流させて頂きます」

    といった声が上がった。

    まったくタダになるわけではない

     一方で、同じホームページには「演奏権と複製権の使用料を各管理団体(「JASRAC」or「NexTone」)にお支払いいただくこととなります」としており、「完全無償」ということではない。

     JASRACホームページによると、演奏権とはCDで音楽を流すといった、音楽などを公に演奏する権利を指し、複製権とは作品をDVDに録画したり、CDに録音をしたりする権利を指す。

     演奏権の手続きは会場となるホテルや結婚式場などが行っていることが多く、複製権の手続きは直接団体へ個人が行う場合と事業者に委託する場合などがあるという。

     この点についてもネット上では注目が集まり、

      「GLAYはお金取らないよって言ってるけどJASRACは取り分放棄するつもり無いって言ってるから要注意ね」
      「GLAYの判断は素晴らしいが、結局、使用料はとられて、JASRACにいくのかよ...」
      「著作権管理団体から徴収されるという点を見落とした使用者によるトラブルが逆に増えてしまわないか心配」

    といった声もあった。

    no title

    【【話題】GLAY「結婚式での楽曲提供は無償にします」JASRAC「うちの取り分はもらうよ」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/14(火) 09:16:42.65 ID:CAP_USER9
    かつては紅白歌合戦とともに年末の恒例番組だった「輝く! 日本レコード大賞」。歌が芸能界の中心だった時代には栄誉ある賞だったが、現在では結果を楽しみにするファンも激減。
    不正疑惑もささやかれるなど、常に存続が危ぶまれている番組だ。

    国内主要新聞(通信社)記者14名、TBS系列のテレビ局(TBSは含まない)記者4名、音楽評論家など業界関係者5名の合計23名の合議

    「審査方法は、国内主要新聞(通信社)記者14名、TBS系列のテレビ局記者4名、音楽評論家など業界関係者5名の合計23名の合議なのだが、密室で挙手制というアナログな方法で審査をしている。
    つまりは、どの社がどのアーティストに票を入れたかが丸わかりとなるため、忖度(そんたく)で大賞が決まることがほとんどです。
    しかも、なぜかTBSで行われるはずの審査が、赤坂の料亭などで行われることもあり、その場は大手芸能プロの関係者も監視しているとか」(スポーツ新聞記者談)

    そんな一般ユーザーを無視した賞ながら、毎年なぜか各アーティストはこの大賞にこだわることが多い。

    「LDH騒動でもわかったように、腐ってもレコード大賞を取れば翌年の興行やシングル、アルバムの出荷枚数に影響はある。
    また、各スポーツ新聞がしっかりと報じることが約束されているので、大きな宣伝効果が見込めますから、大賞はとっておきたいのが本音なんでしょう」(スポーツ新聞記者談)

    昨年度は西野カナがおおかたの予想を裏切って大賞に。
    この賞が影響しているかどうかは不明だが、2017年も西野カナは大活躍をしている。
    それだけに、今年の大賞も気になるところではあるのだが、週刊文春は乃木坂46で決まっている「デキレース」だと報じているが…。

    「レコ大にはジャニーズが辞退で出場しないため、LDH系か48、46系のアイドルで偏ってしまうことに運営側は危機感を抱いている。
    とはいっても、演歌や歌謡曲の歌手が目立った活動をしていないのも事実で、そうなると乃木坂46の名前が挙がってしまう。

    ちなみに新人賞はシンガー・ソングライターのNOBUが受賞しそうだといわれていますね」(民放関係者談)

    では審査方法は今までと何も変わらないのか? 

    「これまでは、芸能界を取り仕切るバーニングをはじめとした大手プロダクションと、
    スポーツ新聞で牛耳られていた審査会ですが、放送を取り仕切るTBS側が、裏金騒動などを利用する形で発言権を強め始めているといいます。
    特に、TBSとしては、自社のドラマで大ブレイクを果たした星野源を大賞としたいと主張している。
    恋ダンスは時期を外しているのですが、来年には星野を主役にしたドラマも予定しているとのことで譲れないようです。
    また、裏金騒動に巻き込まれた形のエイベックスはAAAと、バーニングの幹部もお気に入りだという林部智史が猛プッシュされているそうです。
    なので、乃木坂46がすんなりと受賞するかはわかりません……」(スポーツ新聞記者談)

    去年のレコード大賞が西野カナだったことも多くの国民は忘れていると思われるが、今年も支持者なしのレコード大賞が決まってしまいそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1375580/
    2017.11.14 09:00 トカナ

    https://www.youtube.com/watch?v=r4SdiT7mm7Y


    乃木坂46 『インフルエンサー』

    https://www.youtube.com/watch?v=jhOVibLEDhA


    星野 源 - 恋

    【【音楽】レコ大 怒涛の“忖度”(そんたく)! 乃木坂46と星野源が大本命だが、エイベックスは林部智史をプッシュの怪情報! 】の続きを読む

    このページのトップヘ