なんJ

    1: 風吹けば名無し 2018/02/20(火) 00:33:52.45 ID:B3+66jWZ0
    平昌五輪第11日(19日、アルペンシア・ジャンプセンター)ノルディックスキー・ジャンプ男子団体(ヒルサイズ=HS142メートル)で、

    葛西紀明(45)、小林陵侑(21)=ともに土屋ホーム、伊東大貴(32)=雪印メグミルク、竹内択(30)=北野建設=の4人で臨んだソチ五輪銅メダルの日本は合計940・5点で6位。

    2大会連続のメダルはならなかった。

    ノーマルヒル、ラージヒルの個人種目に続き、表彰台を逃した冬季五輪史上最多8度目出場の葛西は、

    「みんな悔しい思いを目の当たりにして、また4年後、絶対にメダルを取るぞという気持ちになったと思う。悔しい思いをすることも大事だと思うので、いい勉強になった」と後輩たちを思いやった。

    自身の今後については「もっともっと進化して練習して、4年後の北京五輪で絶対にメダルを取りたいという気持ちになった」と現役続行を宣言した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00000571-sanspo-spo

    【【速報】葛西紀明さん、現役続行!「絶対にメダルを取りたいという気持ちになった」 】の続きを読む

    このページのトップヘ