コンビニ

    1: 2021/03/05(金) 22:20:01.56 ID:Fwx8Pzd/9
    2021年3月5日 17時51分
    マイナビニュース

    ファミリーマートは、3月2日から全国で「クリスピーチキン」(プレーン・ハバネロホット)(145円)を発売。しかしながら一部店舗にて品切れとなり、発売を順次休止することを発表した。

    「クリスピーチキン」は発売以来、想定を上回るペースで販売が続き、販売開始2日間で、合計200万食を突破した。想定を上回る販売に、製造が一時的に追いつかないことから、「クリスピーチキン」(プレーン・ハバネロホット)の発売を順次休止するという。数量限定として発売した“ハバネロホット”は、現在の生産在庫を持って販売終了となるとのこと。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19800008/
    no title

    【【品薄商法?】ファミマ「クリスピーチキン」販売好調で製造追いつかず休止へ 2日で200万食突破】の続きを読む

    1: 2020/12/09(水) 21:00:17.68 ID:kKtjx5SG9
    炒飯カツカレー

    炒飯とスパイシーなカレーにロースカツをトッピングした食べ応えのあるお弁当です。
    ※東北地方の一部、宮崎県、鹿児島県では取り扱いがございません。

    発売日:2020年11月10日
    ファミリーマート通常価格

    500円(税込540円)
    https://www.family.co.jp/goods/obento/0616553.html
    no title

    【【画像】ファミマの新商品「炒飯カツカレー」 税込540円】の続きを読む

    1: 2020/10/21(水) 23:32:15.29 ID:huYpvD6y9
    箱や器などの底を少し上げて、実際よりも中身が多く見えるようにする「上げ底」は昔からある手口ですが、コンビニ弁当などで上げ底に出くわすと、お腹がいっぱいにならなかったりして残念な気持ちになりますよね。

    Twitterでは、こんなツイートが注目されています。


    kou(17)
    @kou17
    セブンだけはこんな事しないと思ってたのに……
    no title

    no title


    投稿者さんが「セブンだけはこんな事しないと思ってたのに…」というツイートとともにアップした1枚の写真には、サンドイッチの切り口(陳列した時に見える部分)には、中身がギッシリ詰まっているように見える細長い玉子焼き配置され、奥には小さな玉子焼きが挟まっている衝撃的な写真。これは残念ですね…。

    この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。

    きゃめ*わんこそば🐶
    @kya_melon
    返信先: @kou17さん
    わたくしめのも供養させてください🙏🏻
    セブンのいちごサンド🍓
    サンドすらされてませんでした😇

    no title

    no title

    no title


    色々な「残念商品」の写真がアップされていますが、セブンイレブンに限らず、これって“コンビニあるある”なんでしょうか?わざわざ入れ物を二重にして上げ底にしているお弁当もありますし。消費者にとっては、何だか騙されたようでイヤな気分ですよね。

    自分が食べるのにちょうどいい分量だと思って買ったのに、上げ底でお腹が満たされなかったら「二度と買うか」という気持ちになってしまいます。こんなことをされるぐらいなら、少しぐらい値段を上げてもいいので中身をギッシリ詰めて欲しいですよね。今度セブンイレブンでサンドイッチを買ったら、食べる前に開いて確認してみたいと思います!

    抜粋詳細はソースにて
    https://ima.goo.ne.jp/column/article/8985.html 
    【【画像複数】セブンのサンドイッチがセコすぎると話題に…→ネット民「これは酷い」「もはや芸術」の声…】の続きを読む

    1: 2019/12/30(月) 09:11:42.46 ID:L/o7Tmhd9
    顧客対応などを改めなければ12月31日付でフランチャイズ契約を解除すると通告された大阪府東大阪市のセブン-イレブンオーナー松本実敏さん(58)が29日、大阪市内でセブン本部と話し合いを行った。

    双方の弁護士を交えての協議で、営業継続を希望する松本さんは「顧客からのクレームが出ない接客態度を取ること」、自らの「ツイッターアカウントの削除」などの回答書を提出したが、話し合いは平行線に終わった。セブン本部は、改めて予定通り31日付でフランチャイズ契約を解除すると通告した。松本さんが明かした。

    人手不足を理由に、今年2月から本部の許可を得ず、自主的に時短営業をしていた松本さんは協議後、取材に応じ「こうやってつぶされていく人が多いのがよく分かった。本部に対して何か意見を言えば、つぶされる前例にはしたくない」と徹底抗戦することを明かした。年明けに地位確認などを求める訴訟を起こす予定。

    契約解除により、30日夜に商品の仕入れ、レジが止まる。松本さんは31日、1月1日は臨時休業として、2日から独自に営業するという。「(裁判の)結果が出るまで、石にかじりついてでもやっていく」と話した。松本さんは時短営業を始めコンビニの24時間営業問題の議論のきっかけをつくった。

    12/29(日) 17:56配信
    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-12290496-nksports-soci
    no title
    【【営業継続】セブンから契約解除通告を受けたオーナー、1月2日から独自で営業】の続きを読む

    1: 2019/11/08(金) 19:58:02.40 ID:jf6E5LRA9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000044-asahi-soci

    セブン&アイ・ホールディングスは8日、冷凍食品の「セブンプレミアム とろ~り食感たこ焼」
    約235万食分を自主回収すると発表した。正常な商品と味が異なり酸味の強いものがあり、
    製造工場で紅ショウガを入れすぎたなどの可能性があると同社はみている。健康被害は出ていないという。

    対象は賞味期限が2019年11月8日~20年10月31日のもので、セブン―イレブンやイトーヨーカドーなど
    グループ7社の2万1531店で売られた。10月24日以降、「風味が違う」などという連絡が数件電話などで寄せられた。


    「セブンプレミアム とろ~り食感たこ焼」(セブン&アイ・ホールディングス提供)
    no title


    【【セブンイレブン】セブン&アイ、紅ショウガの入れ過ぎでたこ焼き253万袋を自主回収 】の続きを読む

    このページのトップヘ