2019年03月

    1: 2019/03/28(木) 20:49:54.32 ID:ynoxaybO9
    白いスズメ 磐田の中村さん撮影

     磐田市川袋の会社員中村恒安さん(61)が、白い羽毛に覆われた
    スズメを自宅の庭で撮影した。色素の減少により羽毛が白化した
    白変種とみられ、全国的に珍しいという。

     茶褐色の頭部や腹部が真っ白で、羽などは白と茶褐色のまだら模様に
    なっている。体長や毛並みは普通のスズメと変わらないという。

     中村さんは三年ほど前から、趣味で庭に餌をまいてさまざまな鳥を
    観察していた。今年一月下旬、集団で飛来したスズメの中に白スズメを
    見つけた。その後、毎日のように飛来し、ほかのスズメと一緒に
    餌をついばんでいるという。

     掛川花鳥園(掛川市)のバードスタッフチーフ北條龍哉さんによると、
    突然変異のアルビノではなく、何らかの原因で色素が減少した
    白変種とみられる。白い外観は目立つため、外敵に襲われたり
    仲間に入れてもらえなかったりして、成鳥にまでなるのは珍しいという。

     白スズメは縁起が良い生き物ともされ、中村さんは「何とか無事に
    生き残ってほしいですね」と気に掛けている。


    中日新聞・夏目貴史(2019年3月28日)
    https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20190328/CK2019032802000018.html

    中村恒安さん宅に飛来した白いスズメ(右)。
    左は普通のスズメ=磐田市川袋で(中村さん提供)
    no title

    【【すずめ画像多数】白いスズメ、静岡県磐田市で撮影される 】の続きを読む

    1: 2019/03/28(木) 19:09:59.07 ID:a0sMWBH89
     都内有数の繁華街・池袋で28日午後、男性が切腹行為を行う騒動が発生した。

     警視庁池袋署によると、午後3時35分頃、東京都豊島区のJR池袋駅東口駅前の家電量販店「ビックカメラ池袋本店」前にいた通行人から「包丁を振り回して『自分で腹を切ってやる』と言っている男がいる」との110番通報があった。

     池袋署員が駆けつけると、腹部から血を流した40代くらいの男性が倒れており、周辺は騒然。自ら腹部を切ったとみられる男性は救急車で病院に搬送され、治療を受けているが、命に別条はないものとみられる。

     同署は回復を待って、男性を銃刀法違反容疑で聴取をする方針だ。

    3/28(木) 18:17配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000154-sph-soci

    【一報】池袋の路上で切腹か
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553757991/
    【ツイッター速報】池袋駅付近のビックカメラで刃物を持った男 店員が取り押さえる? 28日
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553758284/

    【【事件】池袋東口のビックカメラ本店前で40代男性が切腹”命に別条はない” 】の続きを読む

    1: 2019/03/28(木) 20:59:39.70 ID:ynoxaybO9
    え、戦うの……!? 「ガンダム」と「ハローキティ」が史上初コラボ、
    「ガンダムvsハローキティ」4月からスタート世界観違いすぎない……?

     創通およびサンリオは3月28日、今年で40周年を迎える
    「機動戦士ガンダム」と、45周年を迎える「ハローキティ」の
    コラボ企画「ガンダムvsハローキティ」を発表しました。
    え、戦うの……?


    ガンダムキティ  キティ……私を導いてくれ

    ストーリー
    地球で平和に暮らしているハローキティ。宇宙で争いが起きている
    ことを知り、それを止めるため宇宙へ。ジオン公国との戦いを続けて
    いるアムロの前にハローキティが現れて……

    キティ「ねぇ、話を聞いて! 仲良くしましょうよ!」

    アムロ「こ、これは……」

    上記をきっかけに、ガンダムとハローキティの対決が始まりました。

     LINEを活用し、参加者が「ガンダム派」と「ハローキティ派」に
    別れて戦う“対決プロジェクト”という形式。期間は2019年3月28日から
    2019年12月までの予定で、参加者はキャンペーン対象となる店舗を
    訪れ、QRコードを読み取ることでポイントを獲得可能。獲得した
    ポイントを使って自分の陣営を応援することができます。
    年間のポイント上位者にはリアルイベントへの招待をはじめ
    豪華プレゼントが贈呈されるほか、応援の結果によってコラボの
    結末も変わってくるとのこと。

     第1ステージは4月2日から丸亀製麺で実施。全国の丸亀製麺を訪れる
    ことでポイントがもらえ、ガンダム・ハローキティをそれぞれ
    応援することができます。さらに期間中はうどん購入でもらえる
    “うどん札”が限定デザイン(全90種類)になるほか、オリジナル
    うどん食卓セットなどのプレゼントキャンペーンも併せて実施される
    予定。期間は5月19日までとなっています。

     また、続く第2ステージ(5月1日~5月6日)では、全国に80カ所ある
    「イトーヨーカドー専門店街」が舞台に。こちらも来店で応援ポイントが
    もらえるほか、1000円以上の買い物で、オリジナルの純金プレートや
    クリアファイルが当たるキャンペーンも実施予定です。


    ねとらぼ
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/28/news118.html
    no title



    【【40周年VS45周年】史上初コラボの”ガンダムVSハローキティ”4月に丸亀製麺からスタート 】の続きを読む

    1: 2019/03/28(木) 17:21:15.73 ID:cQr1aHpM9
    2019年3月28日 12時10分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16229489/
    no title

    [画像] 4月放送開始のアニメ、“胸をお触りできる”パネルを展示し物議 昨年は“等身大お尻”が騒動に

     4月7日からスタートするアニメ『なんでここに先生が!?』(TOKYO MXほか)がイベントで設置したあるパネルが、ネット上で物議を醸している。

     問題となっているのは、今月23日から26日にかけて東京ビッグサイトで行われたアニメイベント「AnimeJapan 2019」内の同作のブース。ブースでは、アニメのワンシーンを切り取ったパネルなどが飾られており、特製クリアファイルも配布されていた。
    さらに、登場人物女性の等身大パネルも設置されていたのだが、そのパネルは胸の部分だけが膨らみ、“お触り”できるようになっているというもの。
    アニメ公式ツイッターアカウントでは、「先生たちはお触り、自由です。優しくふれてほしいです」と宣伝しており、その後も、胸の下から撮影した写真がアップされ、「画像は下乳からの眺めです」と記されていた。

     しかし、このパネルについてネットからは、「表現の自由って女性の持つ胸やらカラダを妄想のままに男が自由にしていい権利なんですか?」「国際基準から大きくハズレてるし、吐き気がする」「女性の身体は触れられるためにあるものでも性的欲求を満たすためのものではない」といった批判の声が殺到。
    ファンからは、「現実とフィクションの区別ついてない人多すぎ」「架空の女性ならどうなろうと誰かが被害を受けるわけではない」「リアルの女性に触るのは犯罪だけど、アニメのキャラに触るのは犯罪じゃない」という擁護の声もあるものの、賛否両論となっている。

    「実は昨年12月22日、23日に行われた『ジャンプフェスタ2019』でも、アニプレックスブースに設置されたアニメ『ゆらぎ荘の幽奈さん』キャラクターの触れる等身大のお尻が物議を醸していました。
    特に、『ゆらぎ荘の幽奈さん』は原作が『少年ジャンプ』(集英社)ということもあり、『子ども向けカルチャーに相応しくない』という声が噴出していましたが、今回のイベント『AnimeJapan』でも、子どもが多く来場していたこということもあり、前回同様、“環境型セクハラ”に当たるとの指摘も上がっています」(芸能ライター)

    「性犯罪を煽ることになりかねない」という声と、「アニメキャラに対するお触りはむしろ性犯罪の抑制に繋がる」という意見が真っ向から対立している今回の騒動。果たして、これがアニメ番組の視聴率に影響することはあるのだろうか――。

    記事内の引用について
    TVアニメ『なんでここに先生が!?』公式ツイッターより
    https://twitter.com/nankoko_anime 
    【【画像】「お触り自由です」膨らませた胸を“お触りできる”アニメキャラのパネル展示し物議 昨年は“等身大お尻”で騒動】の続きを読む

    1: 2019/03/28(木) 20:31:01.41 ID:EVFHuViJ9
    日産自動車は3月28日、緊急時自動通報システム「SOSコール」を軽自動車に初搭載した新型「デイズ」を発表。全国で販売を開始しました。

    デイズは三菱自動車と共同開発で2013年に登場した軽トールワゴン車種。シャシー設計を共通とする兄弟車に「eK」シリーズがあります。6年ぶりのフルモデルチェンジとなる今回の2代目は、軽トールワゴンとしての室内空間や経済性とともに、「軽自動車初搭載」となる2つの安心機能を新たに盛り込みました。

    1つ目は緊急通報システム「SOSコール(ヘルプネット)」。交通事故や急病などの緊急時、あるいは「あおり運転をされている」など事故の危険があるときに、専門のオペレーターに車内から通報できる通信機能が備わります。事故が発生したら自動的に通報、または車内上部に備えた専用ボタンで手動通報ができます。通報後、オペレーターが車両から得られたGPSなどの情報をもとに状況を把握し、消防や警察への連絡、緊急車両の手配などを行ってくれます。

    2つ目は渋滞走行や長時間の巡行走行の負担を低減する安全運転走行支援機能「プロパイロット」モデルの追加。アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作を車間距離や車線などの道路状況を読み取って制御することで安全な運行を支援します。日産はプロパイロットの技術を活用し、旅館のスリッパや座布団が自動的にあるべき位置に戻る(関連記事)、会議室のいすが自動整列する「INTELLIGENT PARKING CHAIR」(関連記事)、座っていれば自動で行列が進む超便利な待ち合い席「プロパイロットチェア」(関連記事)なども開発しています。

    デザインも幅広い利用シーンや需要に合わせて、スポーティーモデル「ハイウェイスター」とスタンダードモデル、子会社オーテックによるカスタムデザイン版「ボレロ」と3パターンを用意します。ハイウェイスターは近年増えている「ちょっとワイルドな厳つめフェイス」がポイント。マルチレフタイプLEDを2段配列した“つり目”なヘッドランプやクリスタルカット+3Dメッシュグリルを採用します。

    カラーバリエーションはツートン4種類、単色13種類の全17種類。燃費性能はWTLCモードでリッター21.2キロ。価格は最低廉グレードの「S」で127万3320円(税込、以下同)から。最上位のハイウェイスターG ターボ プロパイロットエディション(4WD)で177万8760円です。


    新型「デイズ」ハイウェイスターX プロパイロットエディション(ホワイトパール(3P)/プレミアムサンシャインオレンジ(M)2トーン)(
    no title


    緊急通報ボタン「SOSコール」を搭載
    no title

    no title


    【動画】【新型デイズ】緊急通報装置「SOSコール」採用!
    https://www.youtube.com/watch?v=R0VypjRzS_8



    2019年03月28日 18時00分
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/28/news126.html

    【【新機能搭載】ボタン1つであおり運転を通報!緊急時SOSボタン付き!日産「新型デイズ」発売】の続きを読む

    このページのトップヘ