2018年09月

    1: 2018/09/28(金) 17:08:11.75 ID:CAP_USER9
    女優の有村架純(25)が27日放送のTBS系「櫻井・有吉THE夜会」(木曜後10・00)に出演。最近起きたタクシーでイラっとした出来事を明かした。

    番組内で最近怒っていることがあるか、と問われた有村は「以前、タクシーに乗った時に『何でそんな言い方されなアカンのやろ』って思ったんですけど…」と切り出し、タクシーでのエピソードを披露。
    「タクシーに乗って『右に曲がって下さい』って言ったら、曲がりづらかったみたいで『いや、曲がれないよ右!』って言われた」と運転手に怒気を含んだ声で怒鳴られたシーンを再現した。

    結局「『じゃあ、降りるんで大丈夫です』って言いました」とタクシーを途中で下車したといい、番組MCの有吉弘行(44)も「(運転手と)相性が悪い時あるよね」と共感していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15369360/
    2018年9月28日 11時52分 スポニチアネックス



    【【悲報】有村架純「何でそんな言い方されなアカンのやろ」タクシー運転手に対して怒り】の続きを読む

    1: 2018/09/29(土) 12:22:42.05 ID:CAP_USER9
    歌手でタレントの荻野目洋子(49歳)が9月28日、公式ブログを更新し、同日報じられたチョコレート菓子「チョコフレーク」(森永製菓)の生産終了を悲しんでいる。

    報道によると、1967年に発売され、長年にわたって親しまれてきた「チョコフレーク」だが、近年は人気が落ち込んでおり、売上が減少。
    2019年4~6月頃に生産を終えるという。

    この報道を受け、荻野目は「チョコフレークよ永遠に。」と題するエントリーを更新。
    若い頃に「チョコフレーク」のCMキャラクターを務めたことがある荻野目は、今回の生産終了の一報について「本日MORINAGAさんから届いた『チョコフレーク』2019年に生産、販売終了のニュース、かなり寂しいものがありました」とコメント。

    そして「10代の頃にCM出演させて頂いてから、すごく印象深いチョコ菓子です。母になっても買い続けているお菓子。そこにはノスタルジーがたっぷりとしみこんでいます。(ため息)」と続けた。

    さらに「あー、終わってしまうなんて。(ため息)悲し過ぎます。(ため息)今夜は早く眠ろうと思っていたのに…眠れない夜になりそうです」と嘆き、悲しんでいる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15373765/

    「チョコフレークよ永遠に。」 荻野目洋子
    no title

    no title

    【【悲報】荻野目洋子「眠れない…」森永チョコフレーク生産終了に悲嘆 】の続きを読む

    1: 2018/09/30(日) 00:11:28.24 ID:CAP_USER9
    樋田容疑者逮捕の一報を受け、大阪府警は対応に追われた。

    府警本部では29日午後10時半から、集まった各メディアに対し、逃走事件を担当する捜査1課の田畑修治課長が、
    「(山口県警)周南署管内で、男1人による窃盗万引き事件が発生した」と述べ、この男が樋田容疑者であると説明した。
    逮捕時の状況などについて質問が集中したが、「情報収集をしているところ」とするにとどまった。

    一方、樋田容疑者が逃走した富田林署では、市民からとみられる電話が相次いだ。
    署員の一人は、「申し訳ないです。二度とこんなことが無いように頑張ります」と言って電話を切り、大きくため息をついていた。
    署内のテレビで、樋田容疑者逮捕のニュースが流れると、署員らは下唇をかみながら見つめていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000067-asahi-soci

    【富田林逃走→確保】樋田容疑者(30)、餅、ロースとんかつ、菓子パンなど万引きし道の駅「ソレーネ周南」の店員に取り押さえられる★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538231132/

    【【市民からのクレームも】テレビで樋田容疑者逮捕のニュースが流れると、署員らは下唇をかみながら見つめていた…】の続きを読む

    1: 2018/09/30(日) 01:58:03.63 ID:CAP_USER9
     大阪府警富田林署から逃走した樋田淳也容疑者(30)が同署から約350キロ離れた山口県周南市で48日ぶりに逮捕された。「やっとこの日が来た」「まさか山口県にいたとは」。容疑者確保を「最大の懸案」(府警幹部)として約3000人態勢で行方を追ってきた府警幹部らは一様に驚き、捜査への対応や情報収集に追われた。

    道の駅で食品万引き
     「何するんか。離せ」。29日午後6時ごろ、周南市の道の駅「ソレーネ周南」の店先で、樋田容疑者が怒鳴り声を上げた。万引きが見つかり、警備員の女性に身柄を取り押さえられた瞬間だった。

     大阪府警や山口県警などによると、坊主頭にしていた樋田容疑者は黒い帽子をかぶり、上が青、下が黒のウインドブレーカーを着用。変装するかのように、サングラスをかけていた。

     食品売り場をうろついた樋田容疑者は、餅やロースカツ、菓子パン、缶コーヒーなどを万引き。服の中に隠す様子を警備員が確認した。そのまま店外に出て自転車に乗ろうとした樋田容疑者に、「会計がまだですよ」と声を掛けると、「財布を取りに行っただけ」と取り合わず、別の従業員らともみ合いになったという。

     自転車は大阪府羽曳野市で盗まれたもので、白色のスポーツタイプの荷台には大量の荷物が積み込まれていた。樋田容疑者は店の事務所に連れられた後も、「トイレに行く」などと話して逃げようとしたが、従業員数人で阻止した。所持金はわずか280円。樋田容疑者は日焼けし、目は充血していたという。

     ソレーネ周南は国道2号沿いの田園地帯にあり、農産物や水産物の販売所やコンビニもある。近くに山陽自動車道の徳山西インターチェンジがあり、観光客に人気の施設。樋田容疑者の逮捕の報を受け、現場には報道陣が続々と駆け付けた。

     付近のガソリンスタンドの男性店員によると、数台のパトカーが猛スピードで集まった。近くに住む男性(90)もパトカーのサイレンの音を聞いた。「事故か何かと思っていた」と驚いた様子だった。別の主婦(70)は「テレビで逮捕されたことを知り、ぞっとした。まさかこんなところまで逃げてきていたとは」と話した。【松本昌樹、柿崎誠】

    府警「全容解明これから」
     「樋田容疑者が逮捕されました」。府警本部では午後9時45分ごろ、広報担当者が逮捕の一報を記した紙を報道陣に配布。捜査本部のある富田林署にも大勢の報道陣が詰めかけた。署内ではひっきりなしに電話が鳴り、署員らが「詳しいことは分かりません」などと対応に追われた。

     田畑修治・捜査1課長は午後10時半から府警本部で対応し、淡々とした様子で逮捕容疑などを説明した。

     8月12日の逃走以来、府警は3000人態勢で捜査を続けてきた。顔写真に加え、樋田容疑者が左ふくらはぎに彫った入れ墨の図案も公表。逮捕前に防犯カメラに映った樋田容疑者の動画や、帽子や眼鏡などで変装することを想定したイラストも相次いで公開し、広く情報提供を募った。

     今月18日には府警OBが有力情報に上限200万円を支払う懸賞金の運用も開始した。府警幹部は「ようやく見つかったが、事件の全容解明はこれからだ」と気を引き締めた。



    毎日新聞2018年9月29日 23時37分(最終更新 9月30日 01時26分)
    https://mainichi.jp/articles/20180930/k00/00m/040/103000c

    【【逮捕時所持金280円】樋田淳也容疑者、350キロ自転車で移動か 】の続きを読む

    このページのトップヘ