1日10分でできる「考えない」投資術【タケルFXスクール】

    2018年01月

    1: ごまカンパチ ★ 2018/01/30(火) 21:52:40.56 ID:CAP_USER9
     耳は、音を聞き、体のバランス感覚をつかさどる。耳の穴から鼓膜までが外耳道。
    耳あかが栓になって外耳道をふさぐと、外界から入った音が鼓膜を振動させるのを邪魔し、聞こえにくくなる。

     国立長寿医療研究センター耳鼻咽喉科研究員(元科長)の杉浦彩子さんは
    「高齢者は耳あかがたまりすぎないように耳鼻咽喉科で定期的にチェックを」と話す。

     両方の外耳道をふさいでいたピーナツ大の耳あかを取り除いた途端、話しかけに返事をするようになった認知症の96歳の男性、
    耳掃除をしたら、認知機能が良くなった80歳の女性など、耳あかと聴力、認知機能の関係も診療現場で明らかになってきた。

     耳あかがたまって聴力が低下すると、会話が難しくなる。
    会話しなくなると脳への刺激が減って認知機能が低下、耳を清潔に保とうとする意識が薄れ、ますます耳あかがたまる……
    杉浦さんは、こうした悪循環を指摘する。

     外耳道には耳あかを外へ押し出す「自浄作用」があるが、これが衰えて耳あかがたまりすぎると、炎症が起きて骨まで溶ける。
    「外耳道真珠腫」という病気だ。放置すると自浄作用がさらに落ち、炎症がどんどん進行する。80歳以上でしばしばみられる。

     耳あかがたまりすぎない早い段階で発見することが大切だ。耳鼻咽喉科で数か月に1度、耳あかを除去してもらうと良い。
    ただ、乱暴な耳掃除をすると、外耳道を傷つけてしまうので注意したい。

    ■耳掃除、やり過ぎに注意…2週間に1回程度に
     高齢者や外耳道が狭い小児は耳あかのたまりすぎが問題になるが、耳の病気などがない成人では、過度の耳掃除は禁物だ。

     そもそも耳あかとは何か。
    外耳道を覆う皮膚が古くなったものや、保護・保湿のために分泌される粘液、ほこりや砂などがまざったものが耳あかになる。

     杉浦さんによると、外耳道の奥にある皮膚は外側へとベルトコンベヤーのようにゆっくりと移動しており、これにあごの動きなどが加わった
    「自浄作用」が働けば、自然と耳あかは排出される。

     毎日のように耳掃除をしたり、硬い耳かきで奥の方をガリガリこすると、外耳道に傷がついたり、炎症が起きたりして、自浄作用を妨げてしまう。

     転んだり、子どもや犬がぶつかってきたりして鼓膜を破るような事故も起きている。
    東京消防庁によると、2012~16年の5年間に耳掃除中の事故で364人が救急搬送された。

     アメリカの耳鼻咽喉科頭頸(けい)部外科学会は17年の指針で
    「耳あかを奥に押し込めるだけで、外耳道を傷つけている」などとして、耳掃除のやり過ぎに注意するよう求めている。

     欧米では点耳薬で耳あかを溶かして洗い流すことが推奨されているが、日本ではまだ一般的ではない。

     このため、杉浦さんは耳掃除の注意点として、
    〈1〉2週間に1回程度にする
    〈2〉綿棒にはベビーオイルなどを塗り、耳の穴の入り口付近を軽くぬぐう程度にする
    〈3〉事故が起きないように周囲に十分注意を払う――をあげている。

    ※続きはソースでどうぞ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00010000-yomidr-sctch

    【【医学】耳あか詰まり…認知機能低下、骨まで溶ける炎症も 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/01/30(火) 22:58:05.74 ID:CAP_USER
    安倍自民・公明政権は今年10月から3年かけ、生活保護のうち食費や光熱費など生活費にあたる「生活扶助費」を最大5%引き下げる方針です。利用者の7割が減らされます。自公政権による2004年以降の度重なる改悪で、都市部(1級地の1)の70歳以上の単身世帯はすでに生活扶助費が2割以上減っており、今回引き下げられれば24・3%ものカットになります。日本共産党東京都議団の調べで分かりました。

    「これ以上減ったら1日2食にするしかないですね」。試算を見て、東京都墨田区の高齢者住宅で1人暮らしする吉田喜美さん(88)の顔が曇りました。旅館の仲居を70歳で解雇され、生活保護を利用するようになりました。年金はありません。

    吉田さんの生活扶助費は03年度に月9万3850円でしたが、昨年度は月7万4630円に減っていました。家賃と医療費以外を賄います。

    小泉自公政権が70歳以上の老齢加算を04年度から縮小・廃止。安倍政権が13年8月以降、生活扶助費を最大10%引き下げた結果です。一方、消費者物価指数(総務省)の食料費は03年から17年にかけて12・7%も上昇しています。

    吉田さんの生活は追い詰められています。総菜の焼きザケやサバのみそ煮の一切れを2回に分けて食べます。野菜は100円均一ショップの千切りキャベツがせいぜいです。果物には手が出ません。

    壊れたテレビは買い替えられません。電気ごたつも壊れ、もらった電気カーペットを夜だけつけます。街灯を頼り、部屋の電灯はできるだけ使いません。洋服はもらった古着です。下着だけは2年に1回2枚400円のパンツを買いに行きます。

    新たな引き下げで生活扶助費は月7万1000円へ下がります。老齢加算廃止は憲法25条違反と訴え「生存権裁判」をたたかった吉田さんは言います。「年寄りは早く死ねってことですね。安倍(首相)さんの枕元に化けて出たいぐらい。もう一度たたかいますよ」。安倍政権の生活扶助費引き下げを問う「新・生存権裁判」に加わる決意です。

    低所得世帯支援の政策こそ
    「安倍首相は生活保護を削りながら軍事費を増やし、憲法9条を変えようとしています。絶対に許せませんよ」。こう話すのは、東京都調布市の都営住宅で慢性の病気の長女(67)と暮らす八木明さん(91)です。生活保護引き下げで削減される国費は160億円。「思いやり予算」など米軍経費の来年度増加分、195億円をあてれば「おつり」がきます。


    貧困対策にも逆行
    今回の方針では、子どもが多い世帯ほど大きく削減されます。ひとり親世帯は、母子加算が2割も減らされる影響を受けます。

    大阪市内で中学生と小学生の娘と暮らす40代の佳世さん(仮名)は多重債務の夫と離婚。自身も病気で働けなくなりました。「生活保護が受けられると決まったとき、国は神様だと思いました。子どもを立派に育てて社会の一員として送り出すことが恩返しだと思っています」

    教育費を優先し節約を重ねています。大学進学を希望する長女を昨年11月から学習塾に通わせ始めました。英語、数学、理科で月2万2000円。大阪市の塾代助成事業から月1万円が出ますが、残りは生活扶助費からねん出します。暖房は石油ファンヒーター。灯油は18リットルが1460円の安い店へ自転車で買いに行き、一冬持たせます。安売りスーパーの100グラム39円の鶏むね肉の南蛮漬けが定番おかずです。

    ところが今回、月15万5000円の生活扶助費が同8000円も減らされます。佳世さんは怒ります。「生活費はこれ以上削れない。長女の塾を2教科に減らすしかないと思っています。でもこれって、子どもの貧困対策をするって言う国の方針と真逆じゃないですか」
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2018-01-29/2018012901_07_0.html

    【【社会】追い詰められる生活保護利用者。焼きザケ一切れ2食分。自公政権下で扶助4分の1カットに 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/01/31(水) 01:18:59.59 ID:CAP_USER9
     通信販売大手「ジャパネットたかた」(本社・長崎県佐世保市)の顧客情報を流出させるなどして会社に損害を与えたとして、同社が元社員の男性(40歳代)を相手取り、1億1000万円の損害賠償を求める訴訟を長崎地裁佐世保支部に起こしたことが分かった。

     2008年に同額の賠償を命じる判決が確定したが、支払いがなかったため、判決の効力が消滅する民法の時効(10年)成立前に再提訴した。再提訴は18日付。

     訴状によると、男性は別の元社員と共謀。1996~2004年頃、商品のパソコンなどを倉庫から盗んで転売したほか、約51万人分の顧客情報を流出させたとしている。

     同社は07年、窃盗罪で有罪判決を受けた男性に1億1000万円の損害賠償を求めて同支部へ提訴。08年5月、請求通りの支払いを命じる判決が確定した。

     読売新聞の取材に対し、男性は「お話しすることはありません」と述べた。

    2018年01月30日 15時50分
    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20180129-OYT1T50130.html

    【【裁判】ジャパネットたかた、1億1000万円の賠償金支払わない元社員(40)を再提訴 】の続きを読む

    1: 的井 圭一 ★ 【特別重大報道】 2018/01/30(火) 22:27:14.68 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
     東芝が経営合理化を理由に3月末で降板する国民的アニメ「サザエさん」の新スポンサーに、インターネット通販大手アマゾンジャパンやベビー用品専門店の西松屋チェーン、大和ハウス工業が決まったことが30日、分かった。日曜日の夜に家族がそろって楽しめる人気番組で、いずれも提供企業に加わることでイメージアップなどの宣伝効果を期待している。

     入札が行われ、10社近くの参加企業から選定された。真っ先に名乗りを上げた美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は短文投稿サイトのツイッターを更新し、「奮闘努力のかいもなく大企業の皆さんに力負けした」と悔しがった。

    2018/1/30 22:23
    ©一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/331060325627593825

    【【テレビ】サザエさん、アマゾンなどが新スポンサーに 】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2018/01/29(月) 22:59:08.66 ID:CAP_USER9
    「黄金のザリガニ」落札したのに…届いたのはカブトムシとクワガタ オークション詐欺で逮捕
    1/29(月) 21:58配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000013-kobenext-l28

     「黄金のザリガニ」と呼ばれる入手困難なザリガニをインターネットオークションに出品しているように見せかけ、現金をだまし取ったとして、兵庫県警伊丹署が29日、福岡県宗像市の無職の男(26)を詐欺容疑で逮捕した。

     逮捕容疑は昨年6月10日ごろ、ネットオークションに北米原産のザリガニ「オルコネクティス ルーテウス」の写真などを掲載し雄雌6匹を販売するように装い、4匹を落札した伊丹市の建設業男性(42)から3万3500円をだまし取った疑い。

     同署によると、同21日、男性宅にザリガニではなくカブトムシ2匹とクワガタ2匹が届いたという。男は「間違えて送った。だますつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

     同署によると、男の自宅ではカブトムシなど約300匹が飼育されていたが、「黄金のザリガニ」を飼っている形跡はなかったという。

    【【兵庫】「黄金のザリガニ」落札したのに…届いたのはカブトムシとクワガタ オークション詐欺で逮捕 】の続きを読む

    このページのトップヘ