1: 2022/06/18(土) 23:24:06.98 ID:BVDTZjq89
    ※TBSテレビ2022年6月18日(土) 20:56

    東京・丸の内の複合商業施設「丸の内オアゾ」で、10歳くらいの男の子がエスカレーターの6階の踊り場から3階に転落し意識不明の重体になっています。

    きょう午後7時すぎ、東京・千代田区丸の内にある複合商業施設「丸の内オアゾ」で、10歳くらいの男の子が6階のエスカレーターの踊り場から3階に転落しました。

    警察と消防が駆けつけましたが、男の子は意識不明の重体で病院に運ばれています。

    警視庁によりますと、防犯カメラには男の子が6階の転落防止の柵を乗り越える様子が写っていたということです。

    続きは↓
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/73715?display=1
    【【東京・千代田区】丸の内オアゾのエスカレーターで男の子が転落し重体】の続きを読む

    1: 2022/06/17(金) 21:14:14.71 ID:CAP_USER9
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202206170001325.html
    2022年6月17日20時42分

    お笑いコンビ、インパルスの堤下敦(44)が17日、自身のツイッターを更新し、14日に、都内で、乗用車を運転中に立て続けに物損事故を起こしたことを報告し謝罪した。運転免許返納や活動自粛の意向も示した。

    この影響で、堤下が出演予定だった一部テレビ番組が差し替えになることが分かった。関係者によると、堤下は18日放送予定の、YouTuberカジサックとして活動するお笑いコンビ、キングコング梶原雄太(41)の冠番組、KKTくまもと県民テレビ「カジサックのじゃないと!」(土曜午後11時半)に出演予定で、すでに収録済みだったという。しかし今回の事故発覚を受け、18日放送回は堤下が出演しない「総集編」に差し替えられる予定だという。

    堤下の事故をめぐってはこの日、所属吉本興業も公式サイトでコメントを発表。「弊社としても堤下の活動は自粛させることに致しました。関係各位にご迷惑をおかけいたしますこと深くお詫び申し上げます」などとコメントしていた。

    no title

    (2017年6月14日撮影)

    【【じゃないと】事故発覚のインパルス堤下、キングコング梶原の冠番組差し替えへ 堤下出演しない総集編を放送】の続きを読む

    1: 2022/06/17(金) 17:44:44.53 ID:CAP_USER9
    https://mantan-web.jp/article/20220617dog00m200024000c.html
     人気アニメ「ガンダム」シリーズの新作テレビアニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の舞台が“学園”となることが6月17日、明らかになった。新作は、女性キャラクターが主人公となることも話題になっている。同日、オンラインで開催された会見で、アニメを手がけるバンダイナムコフィルムワークスの小形尚弘プロデューサーは「宇宙世紀のシリーズではなく、新しいガンダムとして展開していく。7年ぶりのテレビアニメということもあり、新しいファンが増えることも意識しながら作っていく」と語った。

     会見ではスタッフが発表され、「ひそねとまそたん」「キズナイーバー」などの小林寛さんが監督を務め、「コードギアス 反逆のルルーシュ」などの大河内一楼さんがシリーズ構成、脚本を担当することが分かった。小形プロデューサーは「新しいスタッフ、従来のスタッフで新しい『水星の魔女』の世界観を作っていきたい」と話した。

     5人のメインキャラクター、3機のモビルスーツ(MS)のビジュアル、主人公スレッタ・マーキュリー、主人公機ガンダム・エアリアルが描かれたティザービジュアル第2弾も公開された。

     新作のキャッチコピーは「その魔女は、ガンダムを駆る。」で、多くの企業が宇宙に進出し、巨大な経済圏を構築する時代のA.S.(アド・ステラ)122が舞台となる。モビルスーツ産業最大手・ベネリットグループが運営するアスティカシア高等専門学園に、辺境の地・水星から主人公の少女スレッタ・マーキュリーが編入してくる。

     スレッタ・マーキュリーは、パイロット科2年。内向的な性格で、コミュニケーション能力がやや乏しい。水星で開発されたガンダム・エアリアルのパイロットを務める。ミオリネ・レンブランは、容姿端麗、成績優秀な経営戦略科2年。学園理事長でもあるベネリットグループの総裁、デリング・レンブランの一人娘で、父親に対して強い反抗心を抱いている。

     グループ内御三家ジェターク社の御曹司(おんぞうし)でパイロット科3年のグエル・ジェタークも登場。ジェターク寮のエースパイロットでディランザ グエル専用機を操る。グループ内御三家ペイル社が擁立するパイロットでパイロット科3年のエラン・ケレスは、ガンダム・ファラクトに搭乗する。グループ内御三家グラスレー社CEOの養子でパイロット科3年のシャディク・ゼネリはミカエリスを操る。

     7月14、15日に開催されるイベント「GUNDAM NEXT FUTURE -LINK THE UNIVERSE-」で、アニメ本編の前日譚(たん)「PROLOGUE」が初公開される。その後、各地で開催される「GUNDAM NEXT FUTURE」でも「PROLOGUE」が公開される。

     「水星の魔女」は、2015年10月に第1期がスタートした「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」以来の「ガンダム」シリーズのテレビアニメシリーズとなる。MBS・TBS系の日曜午後5時のアニメ枠“日5”で10月から放送される。

     ◇スタッフ(敬称略)

    企画・制作:サンライズ
    原作:矢立肇、富野由悠季
    監督:小林寛
    シリーズ構成・脚本:大河内一楼
    キャラクターデザイン原案:モグモ
    キャラクターデザイン:田頭真理恵、戸井田珠里、高谷浩利
    メカニカルデザイン:JNTHED、海老川兼武、稲田航、形部一平、寺岡賢司、柳瀬敬之
    チーフメカアニメーター:久壽米木信弥、鈴木勘太、前田清明
    副監督:安藤良
    設定考証:白土晴一
    SF考証:高島雄哉
    メカニカルコーディネーター:関西リョウジ
    設定協力:HISADAKE
    プロップデザイン:絵を描くPETER、えすてぃお
    テクニカルディレクター:宮原洋平
    美術デザイン:岡田有章、森岡賢一、金平和茂、玉盛順一朗、上津康義
    美術監督:佐藤歩
    色彩設計:菊地和子
    3DCGディレクター:宮風慎一
    モニターグラフィックス:関香織
    撮影監督:小寺翔太
    編集:重村建吾
    音響監督:明田川仁
    音楽:大間々昂
    製作:バンダイナムコフィルムワークス、創通、MBS

    no title

    ティザービジュアル第2弾

    【【画像複数】アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』舞台は“学園”「宇宙世紀ではない新しいガンダムを」キャラ、MS、スタッフ公開】の続きを読む

    このページのトップヘ